体質を改善してお疲れを払拭!冷え性、夏バテに効くインナーケア

スキンケア
いいね! 0件

「MAQUIA」10月号では、夏に起こるトラブルについて美のプロたちがお答えします。体の内から不調を整えるインナーケアについて伺いました。

Image title

お話を伺ったのは……


インナービューティープランナー 木下あおいさん

管理栄養士。ダイエット専門クッキングサロン「ビジュー」主宰。体内外からの美を提唱。

M’sクリニック南麻布 院長 伊藤まゆ先生
外科医。消化器外科と美容医療の経験を基に、自然療法も取り入れた内と外からの抗老化を目指す。

生活の木 アーユルヴェーダDIVマネージャー野口千鶴さん

SLAMA/JAPA認定アーユルヴェーダインストラクター。同社にてスクール講師なども務める。


目指せ、体質改善!

 インナーケア編 

秋にバテないために、体の内から不調を整える方法をアドバイス! 継続することが大切です。

Q 夏バテしたのかも? ガッツリした食事はちょっとキツイ。

A ねばねば食材で疲労回復!

「ビタミンB1を含むきのこ類、ムチンが豊富なオクラ、山芋などが免疫力を高めて夏バテ防止に貢献」(木下さん)

Image title

しめじ、オクラ、山芋でさっぱり&ねばねば和え物に。夏バテ解消成分をしっかりと補える。


Q 暑くて汗はかくけど、おなかは冷たい。なんで?

A 内臓が冷えているから。

「胃や腸といった消化器官そのものの冷えや、おなか、お尻など皮下脂肪の厚い部分は冷えやすいです」(伊藤先生)


Q 冷え性だけど夏なら冷たい飲み物でもOK ?

A 実は温かい飲み物が体温を下げます
朝、一杯の白湯で体調を整えて。(野口さん)

Image title

白湯は5分以上沸騰させた水を常温まで冷ましたもの。すするようにゆっくり飲んで。


Q やっぱりアイスがやめられない!体を冷やしにくい食べ方ってある?

A よく噛んで食事をした後にアイスを食べる。

「よく噛むことで代謝が上がり、体が温まります。カロリーのことを考えるとクリーム系より氷系」(木下さん)

Image title


Q 夏に飲むべき飲み物は?

A ルイボスティーがいい!

「胃腸に負担をかけないハーブティーがオススメです。特にルイボスは抗酸化の力があるので疲労回復、UV対策にも」(木下さん)Image title

Image title

ルイボスをはじめ、美容に◎なローズヒップなど配合。やさしい味わい。ルイボスローズ 10個入り ¥500/生活の木


Q 夏バテしないお酒の飲み方を知りたい。

A お酒と同量のデトックスウォーターを合わせて飲んで。

「アルコール類は疲労をもたらす活性酸素を出しやすいのでデトックスウォーターで濃度を薄めつつ浄化を」(木下さん)

Image title

ミネラルウォーターにレモンのスライスとミントを漬けるだけ。疲労回復にオススメ。


Q 保冷剤で首筋を冷やしながら寝ると血行が悪くならない?

A 目覚めた時に不調がなければ大丈夫!(伊藤先生)

Image title

肌にあたる面は柔らかいゲル使用。冷たさは8~10時間持続。アイスノンソフト 1個入り ¥900(編集部調べ)/白元アース


Q 冷房との上手な付き合い方を教えて!

A 寝る前に寝室を冷房で冷やしておく&シーリングファンで空気を循環させるのも手。(伊藤先生)


MAQUIA10月号

撮影/藤澤由加(モデル) 中澤真央(物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/立石和代 モデル/本多麻衣(マキアビューティズ)取材・文/風間裕美子 白倉綾子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN