忙しくても、気力がなくても簡単に作れる! 「MAQUIA」7月号から、料理家・フードスタイリスト ウエキトシヒロさんのおうちごはんレシピを紹介します。

暑い日にぴったり! 簡単に作れる”在宅麺”レシピ3選_1

気力ゼロでもちゃちゃっと作れる
ガツン!とおいしい
在宅飯&麺レシピ

\簡単なのに美味しいと大評判/
料理家・フードスタイリスト
ウエキトシヒロさん
グラフィックデザイナー時代からインスタグラムに料理写真を投稿。フォロワーは17万人以上。最新の共著『在宅楽飯100 15分で最高のおうちごはん』(大和書房)が好評。

『在宅楽飯100 15分で最高のおうちごはん』(大和書房)

『在宅楽飯100 15分で最高のおうちごはん』(大和書房)

ちゃちゃっと食べたい麺

鶏ささみのパクチーそうめん

お手軽にエスニック風
暑い日にぴったりのさっぱりエスニック麺
鶏ささみのパクチーそうめん
めんつゆ味の普通のそうめんに、鶏ささみとパクチー、レモンをのせただけでエスニック風に早変わり!


【材料(1人分)】
そうめん‥‥‥‥‥‥‥‥‥2束(100g)
鶏ささみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥2個
パクチー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥2本程度
めんつゆ‥‥‥‥(2倍濃縮なら)75ml
    ‥‥‥‥(3倍濃縮なら)50ml
水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥150ml

〈トッピング〉
レモン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1/8個


【作り方】
1 鶏ささみはゆでて冷水に取り、食べやすい大きさに裂く。パクチーは葉の部分をちぎっておく。
2 そうめんを表示時間通りにゆで、流水で洗って水気を切り器に盛る。
3 めんつゆと水を合わせて2にかけ、鶏ささみ、パクチーをのせる。レモンを切ってのせ、食べる前に絞る。

焼きえびのねぎ塩焼きそば

炒めるだけで大満足
えびの香ばしい香りが食欲をそそる
焼きえびのねぎ塩焼きそば
マンネリ化しがちな焼きそばも、えびを加えるだけで、ワンランク上の味わいに。ごま油やレモンもきいて風味豊か。


【材料(1人分)】
焼きそば麺‥‥‥‥‥‥‥1玉
えび‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥5尾
長ねぎ‥‥‥‥‥‥‥‥1/2本
ごま油‥‥‥‥‥‥大さじ1/2

A
鶏ガラスープの素(顆粒)‥‥大さじ1/2
塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1/4
水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1・1/2

〈トッピング〉
レモン(お好みで)‥1/8個


【作り方】
1 えびは殻を剥き、背中に切りめを入れて背わたをとる。長ねぎは白い部分を5mm程度の斜め細切りに、青い部分をみじん切りにする。焼きそば麺は水でよくほぐしておく。
2 フライパンにごま油を熱し、えびを入れて両面を軽く焼き、長ねぎの白い部分を加えて炒め、焼きそば麺を加えてほぐしながら、Aと長ねぎの青い部分を加えて汁気を飛ばすように炒める。お好みでレモンを絞る。

バターレモンパスタ

混ぜるだけでおしゃれ味
クリーミーなさわやかさが口の中で広がる
バターレモンパスタ
レモンの酸味に、バターや生クリームのコクが加わり、シンプルで簡単なのに、本格イタリアン風の仕上がり。


【材料(1人分)】
スパゲティ‥‥‥‥‥‥100g
レモン汁‥‥‥‥‥大さじ1/2
バター‥‥‥‥‥‥‥‥‥10g
生クリーム‥‥‥‥‥‥‥50ml
レモンの皮の細切り
‥‥‥‥‥‥‥‥‥1/4個分

〈スパゲティを茹でる用の水と塩〉
水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1L 
塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10g


【作り方】
1 鍋に水と塩を入れて沸かし、スパゲティを表示時間通りにゆで始める。レモンは果汁を絞り、皮をピーラーや包丁で削って細切りにする。
2 ボウルにバターと生クリームを入れておく。
3 ゆで上がったスパゲティを2に加え、バターが溶けるまで混ぜ合わせて、レモン汁と、レモンの皮の細切りを加え混ぜ合わせる。

MAQUIA 7月号
撮影/佐々木美果 料理製作・スタイリング/ウエキトシヒロ 取材・文/和田美穂 構成/横山由佳(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share