腹直筋を鍛える

ぽっこり下腹の解消に効果的なのが腹直筋を鍛える5秒腹筋。筋肉を縦に縮める。


息を吸いながらお腹を縦につぶす

鼻から息を吸い込みお腹を凹ませ、次に、口から息を吸いながら腹直筋に力を入れて腹筋を5秒かけて縦に縮めて5秒静止。呼吸をしながら元に戻る。最初は1回からでもOK。

腹斜筋を鍛える

くびれ作りにマストなのが腹斜筋の強化。雑巾しぼりのイメージで筋肉を縮める。


左の脇腹を上下から縮める

左足を前に出し、口から息を吐きながら左骨盤と左肩を近づけ、左脇腹を雑巾をしぼるように上下から筋肉を縮め、呼吸をしながら5秒静止。呼吸をしながら元に戻る。右側も同様に。各1回からでもOK。

スキマ腹筋もプラス!

毎日の生活の中でもスキマ腹筋を取り入れれば効果アップ。


電車の中で

通勤中に下腹のぽっこりを解消
電車の座席に座っているとき、ベルトを少し緩め、息を吸いながらお腹を凹ませ、息を吐きながらお腹を膨らませてベルトを押す。これを1〜2駅分を目安に繰り返し行う。

スキマ腹筋もプラス!

オフィスで

仕事の合間にくびれ作り
正面向きで椅子に座り、両手で背もたれの左側をつかむ。上半身を顔ごと左にひねり、両腕は逆方向にひねり、互いに引っ張り合って5秒静止。反対側も同様に。

スキマ腹筋もプラス!

テレビを見ながら

上体を倒して下腹を引き締め
腰にクッションを当て、軽くひざを曲げて床に座る。ソファの場合は浅く腰かける。背中を丸めず上体を45度程度後ろに倒して数秒間静止。テレビを見ているときにこまめに実践を。

マキアビューティズが挑戦

マキアビューティズの石井里奈が2週間、5秒腹筋を継続。くびれ具合はどう変化した!?


マキアビューティズ 石井里奈
ちょっと油断するとすぐにお腹ぽっこりに。仕事が忙しくなかなか運動もできないので、隙間時間を利用して目指せくびれ!


腰の余分な脂肪がスッキリ!
「5秒腹筋は毎朝と、仕事の合間に続けました。2週間続けたら、手を腰に当てたときに前はあった脂肪がなくなり、スッキリと引き締まっているのを実感! 体幹の筋肉がついて代謝も上がったからか、以前より汗をかきやすくもなりました」

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share