アイメイクやリップのように主張したメイクをすると、やりすぎ感が出てしまう
チーク。だけど「血色アップやくすみをコントロール、骨格補整、小顔に導くなど、美人顔を作るうえで欠かせないプロセスでもあるチークは、実は大人の救世主」と、語るのはヘアメイクKUBOKIさん。理想の美人顔に近づけるチークの
入れ方やカラーの選び方をレクチャーしてもらいました。

自分に似合うチークは? 基本のチークの入れ方、色の選び方を解説

  • 血色アップや小顔、
    引き上げ効果あり!

    ただ何となく頬の高い位置にチークをふわっとのせていませんか? チークはファンデーションによって失われた血色感を足してくれるだけではなく、くすみを払拭し肌の透明感もアップしてくれます。また顔を引き上げるリフトアップ効果や、顔を引き締める小顔効果など、選ぶ色みや形状、入れる位置によってさまざまな効果をもたらします。その日のアイメイクやリップとのバランス、なりたいイメージに合わせて、チークを使い分けましょう。

  • 黒目下×小鼻脇が
    基本のスタート地点

    黒目下と小鼻脇の延長線がぶつかる位置がスタート地点。ここを始点に楕円形になるように入れるのが基本のチークの入れ方。この入れ方をベースに、可愛らしいイメージに仕上げたい場合は頬骨の高い位置に丸く、大人っぽいイメージなら頬骨の高い位置よりもやや低く斜めに、上品な印象なら耳の横から小鼻に向かって平行に入れるなど、入れる位置によって顔の印象を変えることができます。“形×カラー”で、いく通りものバリエーションを楽しんで。

  • 顔の形に合わせて
    ベストな入れ方を

    人それぞれ目や口の形が異なるように、顔の形も丸顔や面長、ベース型など千差万別。丸顔は頬の高い位置からこめかみに向かって斜めにチークを入れてシャープな印象をプラス。面長は頬の内側から横長にチークを入れて顔の長さをセーブ。ベース型は頬骨の高い位置からこめかみに向かって楕円形に入れ、そのままエラの部分にもひと刷毛して、エラの存在を中和。“理想のたまご型”に近づくようにチークを入れると、小顔はもちろん、一気にあか抜けた印象に。

  • 選ぶカラーによって
    印象もガラッと変化

    チークは入れ方次第で雰囲気が変わりますが、選ぶ色みによって仕上がりの印象も大きく異なります。ピンクは血色良く可愛らしく見せることができ、女性らしい丸みを引き出す定番カラー。オレンジは肌なじみが良く、ヘルシーかつ健康的なイメージに。レッドは内側からにじみ出るような自然な血色感と高揚したような色っぽさを両立。ベージュは骨格を引き立て、立体感のあるメリハリのある顔立ちに。なりたいイメージに合わせてカラーをチョイスして。


    (左上から)可愛らしいイノセントなピュアピンク。ジュ コントゥラスト 64 ¥5,500/シャネル、鮮やかなフレッシュオレンジ。キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 03 ¥5,000(セット価格)/カネボウ化粧品、じゅわっと内側からにじみ出ているかのようなシアーレッド。チークポリッシュ 04 ¥2,800/アディクション ビューティ、ピンク~ベージュの4色セット。デザイニング フェイスカラーパレット 103OR ¥5,800/イプサ

質感で仕上がりがこんなに変わる! 形状の異なる4タイプのチーク

  • ムラになりにくく、目的の色を出しやすい“パウダーチーク”

    肌にのせた部分が分かりやすく色づくパウダーチークは、チークの中でもっともスタンダードな形状。ファンデーションを塗った後に、ブラシでふんわりと入れるのでムラになりにくく、メイク初心者にもおすすめのアイテム。またカラーもピンクやオレンジ、コーラル、レッド、ベージュなどさまざまなバリエーションがあり、ほんのりシアーな発色でありながらも、クリームやリキッドよりもマットな仕上がりになるのが特徴。

    (左から)パール配合の上品ソフトオレンジ。インジーニアス パウダーチークス N 15 ¥3,000/RMK Division、見たまま発色のチャーミングピンク。プレスト チークカラー N 17 ¥5,300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
    肌触りがよく、パウダーの含みも抜群。シュエトゥールズ フェースカラーブラシ M ¥3,000/資生堂

    【塗る順番】
    ・パウダリーファンデ:下地⇒ファンデ⇒パウダーチーク
    ・リキッドファンデ:下地⇒ファンデ⇒パウダーチーク

  • あたかもツヤ肌&血色肌のように仕上がる“クリームチーク”

    パウダーチークよりも油分を多く含んでいるクリームチークは、ツヤやかさや血色を与えるのに最適な形状。ベースメイクの仕上げとしてはもちろん、血色などを仕込むためにも使え、内側からにじみ出るような自然な血色を表現することができます。パウダーチーク同様にカラーバリエーションも豊富で、トントンとたたき込むように塗布すると肌に溶け込み、見た目よりもナチュラルに発色。クリームチークの上からパウダーチークを足すと、より立体感のある顔立ちに仕上がります。

    (左から)肌になじむソフトオレンジ。ルナソル カラーリングクリーミィチークス 02 ¥3,500/カネボウ化粧品、青みレッドで色っぽく。ミネラルクリアリップ&チーク プラムレッド ¥3,500/エトヴォス(9月25日発売)
    モチモチとした質感で肌にフィット。ロージーローザ マルチファンデ メイクスポンジ 1P ¥150/シャンティ

    【塗る順番】
    ・パウダリーファンデ:下地⇒クリームチーク⇒ファンデ
    ・リキッドファンデ:下地⇒ファンデ⇒クリームチーク

  • 透明感と血色感を発揮する新形状“リキッドチーク”

    どの形状のチークよりも血色感を出しやすい、液体状のリキッドチーク。マニキュアのようにトロッとしたものから、水のようなさらっとしたテクスチャーのものまであり、どの質感もフィット感抜群。クリームチークよりも透明感があり、血色を仕込むのにはもちろん、高揚したような自然な色っぽさを演出するのにもおすすめ。リキッドチークを直接、頬にのせるのではなく、一度手の甲に出して量を調節してから、指でスタンプ塗りすれば失敗しにくい。

    (左から)ジェルオイルをホイップしたようなクリーミィさ。ビビッドピンク。エピック ミニ ダッシュ 04 ¥3,000/THREE、ゴールドラメを帯びたミルキーピンク。NARS リキッドブラッシュ 5155 ¥3,400/NARS JAPAN

    【塗る順番】
    ・パウダリーファンデ:下地⇒リキッドチーク⇒ファンデ
    ・リキッドファンデ:下地⇒ファンデ⇒リキッドチーク

  • 血色感とメリハリのある立体感を引き出す“マルチチーク”

    複数色のチーク以外にも、陰影を演出するハイライトカラーやシェーディングカラーがセットになったマルチチーク。このワンパレットがあれば、単色のパウダーチークよりも立体感のある表情が完成し、チークをブレンドする配合を変えれば、さまざまなニュアンスを楽しむことができます。ふっくらと若々しい印象になりたいのならハイライトカラーがセットになったものを、シュッと引き締まった印象になりたいのならシェーディングカラー入りのものを選ぶのがおすすめ。

    (上から)ローズベージュのグラデチーク。ブルーミングデュー オイルインブラッシュ 04 ¥4,500/ジルスチュアート ビューティ、ハイライトとピーチピンクのセット。エスプリーク グロウチーク PK-1 ¥2,300(セット価格・編集部調べ)/コーセー
    斜めにカットされたブラシで立体感も思いのまま。ランウェイ ブラッシュブラシ 02 ¥6,200/バーバリー

    【塗る順番】
    ・パウダリーファンデ:下地⇒ファンデ⇒マルチチーク
    ・リキッドファンデ:下地⇒ファンデ⇒マルチチーク

なりたい印象を叶える、色・形状別のチークの入れ方

塗りたてのチークをずっときれいに! チークの賢い活用法

  • 小顔になるには?
    ⇒横長チークで余白埋め

    誰もが憧れる小顔作りには、肌なじみのよいコーラル~ベージュ系チークを活用するのが正解。ブラシにチークを取り、頬骨の高い位置から耳上を目指して横広にチークをON。顔まわりの余白を埋めることで顔全体が引き締まり、自然と小顔に近づくことができます。

  • チークがすぐ崩れる…
    ⇒Wチークでモチ強化

    チークが崩れやすいと感じたら…、リキッドチークとパウダーチークのW使いがおすすめ。パウダーファンデなら下地⇒リキッドチーク⇒ファンデ⇒パウダーチークの順で、リキッドファンデなら下地⇒ファンデ⇒リキッドチーク⇒パウダーチークの順で塗れば、密着度が高まり、時間が経っても崩れない美チークに。


    (左から)ピンク~ライトピンクのパウダーグラデチーク。ピュア カラー ブラッシュ 07 ¥5,500/SUQQU、みずみずしい感触のリキッドチーク。サーモンピンク。チークポリッシュ 12 ¥2,800/アディクション ビューティ

  • 濃くつけすぎたら?
    ⇒コットンやスポンジを使用

    チークを濃く塗ってしまった場合、パウダーチークやマルチチークなど粉状チークは、コットンで余分なお粉を取り除いて。クリームチークやリキッドチークなど液状チークは、スポンジで境界線をぼかすようにトントンと軽くたたき込んで。

  • チークが浮いて見える…
    ⇒リップの色と合わせて

    チークが悪目立ちしてしまうのは、リップとのカラーバランスが取れていないから。メイク初心者はピンクチークならピンクリップを選ぶなど、同じ色みで合わせて。チークに慣れてきたら、色の違うチークとリップに挑戦! その場合、質感や色みの濃淡などをそろえると、あか抜けた印象に仕上がります。


    ピアス ¥43,800/シエナ ロゼ表参道ヒルズ店(シエナ ロゼ)
    バングル ¥2,100/モードローブ トップス/スタイリスト私物

  • 流行のリップ&チークが欲しい!
    ⇒プチプラコスメが優秀

    何通りにも使えるマルチコスメが続々と登場している中で、チークとリップに同時に塗ることができるプチプラのクリームチークは、発色の良さや塗り心地がいいと話題を集めています。ひとつで2役を果たし、持ち運びにも便利。またチークとリップのカラーバランスが分からないと思っているメイク初心者にもおすすめ!


    (左上から時計まわりに)コーラルピンク。ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム PK-7 ¥1,000(編集部調べ)/コーセー、さくら色。LB ドラマチックジェリー チーク&リップ フローラルピンク ¥700/アイケイ、透けレッド。ケイト CCリップ&チーククリームN 01 ¥700(編集部調べ)/カネボウ化粧品

おすすめのチークメイク特集

撮影/押尾健太郎(人物) 橋口恵佑(静物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/高垣鮎美〈LOVABLE〉 モデル/スミス楓 イラスト/さとうあゆみ 取材・文/佐藤 梓

UPDOWN