【Cool】光と影を操作! マルチチークを駆使して小顔も、立体顔も

メイクアップ
いいね! 4件

チークとシェーディングやハイライトがセットになったマルチチークは、頬に血色感を与えながら、メリハリを加えるのに最適。色みよりも光と影を意識した骨格メイクで、洗練された大人っぽい表情に仕上げて。

Image title


【洗練された大人の女性を演出するベージュ×マルチチークの
簡単2ステップはこちら↓】

Image title

チークの血色感、
目の下のハイライト効果で立体顔に

1.大きめのブラシに左上のチークをとり、頬骨の高い位置を起点として楕円形に(赤線部分)。2.小さめのブラシに右上のハイライトをとり、チークと少し重なるように黒目の内側から目尻に向かって目の下にふわっとひと刷毛(青線部分)。


【おすすめのマルチパウダーチーク】

<モデル使用色>チークとハイライト、シェーディングがセットになったマルチパレット。骨格を引き立てるオレンジ寄りの組み合わせ。デザイニング フェイスカラーパレット 103OR ¥5,800/イプサ

質感の異なる2色セットでメリハリのある立体顔に。日本人の肌になじむコーラルオレンジ。カネボウ ヴァリアンブラッセ 03 ¥5,500(セット価格)/カネボウインターナショナルDiv.

しっとりとしたパウダーが肌にフィットし、すっきりとした小顔を演出する3色パレット。アプリコットオレンジ。スリーインワン モデリングフェイスブラッシュ 005 ¥1,500/リンメル

何通りもの表情が楽しめる5色セット。キメ細かいパール配合の上品ベージュローズ。ブルーミングデュー オイルインブラッシュ 04 ¥4,500/ジルスチュアート ビューティ


ブラウス ¥4,300、ピアス ¥2,300/モードローブ


撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(静物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/高垣鮎美〈LOVABLE〉 モデル/スミス 楓 取材・文/佐藤 梓 


★「色、形状別 美人チークの塗り方」特集ページに戻る>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN