【Healthy】自然な血色が叶うオレンジ×クリームチークでヘルシーな表情に

メイクアップ
いいね! 3件

オレンジのフレッシュ感やヘルシー感、クリームチークが持つツヤ感の相乗効果で、屈託のない笑顔を演出。カジュアルな印象のオレンジもクリームタイプなら、肌温を感じる血色が加わり、ほんのり色っぽさも醸し出します。

Image title

【ヘルシーな印象になれるオレンジ×クリームーチークの
簡単2ステップはこちら↓】

Image title
頬骨からフェイスラインに向かって
「の」の字を描いて

1. クリームチークを含ませたスポンジを頬骨の高い位置に。2.頬骨に沿って耳上まで「の」の字を描きながら軽くたたき込む。仕上げにスポンジのきれいな面で肌とチークの境界線をなじませて。


【おすすめのオレンジクリームチーク】

<モデル使用色>素肌にすうっとなじむ薄膜処方のクリームチーク。クリアな発色のフレッシュオレンジ。キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 03 ¥5,000(セット価格)/カネボウ化粧品

3種のオイル配合で鮮やかさと透明感、みずみずしさを両立。ほのツヤな血色オレンジ。クレ・ド・ポー ボーテ ブラッシュクレーム 3 ¥4,500/資生堂インターナショナル

イングリッシュガーデンの色彩にインスパイアされた色みと発色。フィット感抜群のなめらかなテクスチャー。オレンジブロッサム。リップ&チークブルーム 07 ¥4,000/バーバリー

血色をプラスしたい位置をピンポイントで狙えるスティックタイプ。ベルベットのような上質な質感。コーラルオレンジ。レ ベージュ スティック ベル ミン 22 ¥5,500/シャネル


シャツ ¥6,600/モードローブ ピアス ¥1,500/サンポークリエイト(アネモネ)


撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(静物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/高垣鮎美〈LOVABLE〉 モデル/スミス 楓 取材・文/佐藤 梓 


★「色、形状別 美人チークの塗り方」特集ページに戻る>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN