「MAQUIA」12月号では、シワ&たるみケアを大特集。小林ひろ美さん、深澤亜希さんほか、エイジレス美女のシワ&たるみケア法を教えていただきました。

Image title

美賢者に学ぶ!

エイジレス美女のシワ&たるみケア

年を重ねるほどにキレイが進化し、シワもたるみも寄せ付けない美賢者たち。その秘訣と美しさを育む理由を教えてもらいました。


美容家
深澤亜希さん
シワもたるみもない透けるような白肌の主。「正しいお手入れで必ず美肌になれる」がポリシー。

Q 赤ちゃんみたいなツルピカむきタマゴ肌、真似したい!

A 「全顔ハンドプレス塗り」と内臓からの血行促進が鍵

「贅沢ですが、部分用のシワケアコスメを週2〜3回、全顔に。フェイスラインは持ち上げつつ、目元や口元はシワを伸ばすように塗り込み仕上げにハンドプレス」。また、全身の血行を促すマシンを毎日使い、内臓から温め。肌に透明感とハリが出て、眠りまで深くなるそう。

Image title

手を活用して塗り込むと、翌朝にはピンとした、ハリとなめらかさ最上級の肌に。

Image title

体の深部から温めてくれる「伊藤超短波 スーパーひまわり」をお腹や腰周りに30分。潤ったハリ肌になる効果抜群&たるみも解消するため、もはや欠かせない日課に。


美容ジャーナリスト
鵜飼香子さん
ユニークな視点とコスメ愛で美肌を育成。日常で簡単に取り入れられる美容術の天才。


Q 幸福感とハリ感あふれる、ハッピーフェイスを支えるのは?

A 舌先ツンツン&口角上げで、シワやコリは定着させない!

「幼い頃から『口角を上げて生活せよ』と言われて育ちました。確かに“スマイルジワ=幸せのシワ”だけれど、それが定着するのを避けるためこまめに顔をほぐします。無表情でPC作業を続けてしまったら、舌先で内から頬を押し上げ、肌も表情も柔らかさ回復!」

Image title

単純作業が続いて表情が硬くなるとシワが定着。舌先で頬を押してしなやかさを回復。

Image title

「首のシワに直接塗ったり、ボディクリームに混ぜることも」。カプセル化されたレチノールだから気になるシワも狙い撃ち。レチノール 10ml ¥1600/チューンメーカーズ


美容家
岡本静香さん
『biishiki』主宰。著書に『自分の肌を好きになったら運命は変わる』(SBクリエイティブ)など。

Q 不規則睡眠でもシワ知らずな美肌、憧れます!

A 不調はその日に解消。眠る前の“にやにや”で朝にはふっくら

今年ベビーが誕生し、睡眠不足になりがちな岡本さんですが、美肌がゆらがないのは「シワやたるみは見逃さず、気づいたらすぐケアしているから。肌の不調はもちろん、こわばった気持ちもその日に解消しています」。サロンでのケアも取り入れ、全身すっきり。


Image title

「もやもやしたまま眠ると翌朝にはほうれい線が。にやにや笑いながら寝てリセット」

Image title

リバイタライズサロン クリーム

「背中のお肉がすっきり、ヒップも上がります!」●東京都渋谷区神宮前1-11-11 グリーンファンタジア707 ☎03(5414)2030 営業 12:00〜21:00(土曜・日曜・祝日10:00〜19:00) 火曜定休


美容家
小林ひろ美さん
コスメの使いこなしを語らせたら右に出るものなし。エイジレス美肌の代名詞的存在。


Q 内から輝く発光ハリ肌、どうやって育てるの?

A 潤い角質オフ洗顔に加え、内側からのコツコツケアが肝心

にじみ出るようなオーラのある美肌の小林さん。「コスメも大切ですが、まずは柔らかなタオルで角質ケアしてから。また、お酢と出汁を毎日摂り、1日1分のスクワットで代謝もアップ。ここぞという時はビタミンC点滴に頼って、内からパーンとしたハリ肌に」

Image title

不要な角質をやさしくオフして柔肌に。ケア後にホットタオルにして蒸し上げることも。白雪スクワランうるおいたおる レギュラーサイズ ¥1400/白雪ふきん


Image title

まいこ ホリスティック スキン クリニック

高濃度ビタミンC点滴で美肌に。●東京都渋谷区代官山町8-6 ID DIKANYAMA2F ☎03(6712)7015 診療 10:00〜13:00、14:30〜19:00(土曜〜15:00) 不定休


トータルビューティアドバイザー
水井真理子さん
初の著書『水井真理子の寄り添い美容』(集英社)も大好評。


Q くすみ知らず、潤いあふれるリフト肌になりたい!

A 角質ケア&表情筋トレーニングで、シワもたるみも追放

1年を通じてオイルやクリームは欠かさず、常に保湿ケアは完璧な水井さん。スキンケア以外にどんなリフトケアをしているの?「ボディも角質が溜まると乾燥小ジワができるので、角質ケアも定期的に取り入れます。また、自分では動かせない表情筋を刺激できる美顔器に頼るのも手」

Image title

「乾いたボディに滑らせてからお湯を手に取り、なでるようになじませるとツルツルに」。ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージソルト 400g ¥4800/BARAKA


Image title

「私は、朝の肌が元気なときに使用。ハリ感がぐんとアップ」。メディリフト ¥25000/ヤーマン


美容ジャーナリスト
小田ユイコさん
豊富な知識と好奇心をもとに、自ら試し培った通な美容トピックスに多くのファンが。


Q いつも変わらず、ぷりっと輝くスキなしハリ肌でいられるのは?

A 姿勢&ボイトレで代謝アップ。コスメの塗り方もこだわり抜く

「シワは、ケアすべきポイントを教えてくれる教師。ありがたく訓示を受け、お手入れをテコ入れします」と小田さん。「シワを発見したら、コスメを手のひらや指の腹でプレスづけ。また、ボイトレでは姿勢や呼吸が整うため、内からのたるみケアになっています」

Image title

姿勢や呼吸が整う「ウイングスミュージックスクール」のボイトレで代謝アップ。


Image title

「首のシワも、ザラザラ感やくすみ感も解消。鎖骨のくぼみを押しつつ塗ります」。オーキデ アンペリアル ザ ネック&デコルテ クリーム 75ml ¥46000/ゲラン



MAQUIA 12月号

撮影/久々江 満(物) 取材・文/高見沢里子 構成/吉田百合(MAQUIA) 

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share