「MAQUIA」11月号では、年齢を疑いたくなるほどの透明感とみずみずしい肌、ゆるみのないボディをキープしている君島十和子さんにクローズアップ!  数々の美容遍歴から編み出された十和子スタイルから、“美の正解”を紐解きます。

Image title


TOWAKO KIMIJIMA
19歳で芸能界デビューし、モデル・女優として活躍した後に引退。現在は化粧品ブランド「FTC」クリエイティブディレクターとして、また二人の娘を育てる母、妻、美容家として多忙を極める。元祖・美容家として高い発信力を持ち、著書も多数。


Image title

結婚を機に女優を引退。
専業主婦から美容家の道へ


19歳~28歳いつもこんがり小麦肌期

Image title

19歳で航空会社キャンペーンガールとして日焼け肌デビュー。

真っ黒に焼いた経験から
“美白姫”と呼ばれるまで

デビューが航空会社のキャンペーンガールということもあって、こんがり焼けた肌で人気を博した十和子さん。楽器メーカーのイメージガールやファッション誌の専属モデルなど、快活なイメージが先行。「小麦色の肌がトレンドだったこともあって20代の肌はずっと小麦色。紫外線を完全に侮っていました。このときの経験から絶対焼かない、美白ケアは通年のポリシーに。若い頃に焼いたツケは40歳過ぎから急浮上。UVケアと美白ケアは、MAQUIA世代から習慣にしておくべきだと伝えたいですね」。モデル・女優として活躍していた頃はストレスから過食や拒食に悩んだ経験も。常にもがいていた20代は、今ほど肌がきれいだと褒められた経験も少なく、28歳で芸能界を引退するまではファッションアイコンに近かった。


29歳~34歳コスメ依存期

Image title

結婚と出産の専業主婦時代は、巻き髪にカチューシャが定番。

専業主婦の傍ら、美容家
として取材が集まるように

婚約発表直後から嫁ぎ先のお家騒動でマスコミに追われ、心当たりのないバッシングや嫁としての新たな任務に加え、30代で出産を経験し、多忙を極めた30代前半。「その頃から、女優時代に美肌を保っていた秘訣とは?といった取材が増え、あらゆる化粧品を貪欲に試すように。壁一面の棚が化粧品で埋まっているほど依存していました。その頃に、美を生業にしていく覚悟を決め、初めてUVケアクリームを発表。多くの反響を呼んだのは、日焼けした経験があったからかもしれません。コスメに依存していた頃は、自分にとっての美しさのゴールは何かが見えていなかったですね。いま振り返って思うのは、美の価値観はひとそれぞれ、自分はどんな美しさを目指したいのか、30代のうちに、きちんと見極めておくべきだということです」


Image title

多忙さゆえの美容術、
失敗あってこその美の気づき


35歳~47歳美容起業家期

Image title

ブランド成長期はピンクを着るなど、新しいチャレンジも。

あらゆる角度から
自分らしい美しさを模索

ご自身のブランドを立ち上げ、子育てを続けながら商品開発に邁進、ふたつの人生の柱に没頭していたのが40歳前後。「やっと、君島十和子のスタイルというものが確立できたと思っていました。同時に、同じスタイルをこのまま貫き通していいのか、時代とのギャップを感じはじめたのが39歳のとき。40代への不安もあってか、1度だけ前髪をパツっと切ったことがありました(笑)。その後、テレビの通販番組にチャレンジ、海外進出を果たすなどますます忙しくなって。この頃抱えていたのは、40代で楽すると50代でガクってくるのではという不安。だから食へのこだわりもメンテナンスをお願いする美容アドレスのアップデートも一生懸命で。自分の肌や体を客観的に分析できる血液やホルモン等の美容検査は多くの方に伝えたいことです」


48歳~53歳独自美容確立期

Image title

長年の美白&UVケアで、肌は透き通るような印象のまま。

独自の美容論が確立。
失敗から学んだ美の本質

「50代を迎えてからは、食事や睡眠など日々のあたりまえのことが美しい肌を育み、健康や若々しさにつながっていることを強く意識するように。とくに腸内環境や抗糖化などインナーケアを重視。FTCから“ホワイトチャージ”や“君島家のおいしい朝汁”を発売したのもそんな思いから。30代を過ぎると外からのケアだけでは追いつかず、内側から整えることでやっとスキンケアの効果も見えるように。いい睡眠のために就寝前にスマホは見ませんし、何を優先するべきかが、これからの大事な課題だと思っています」。多くの逆境を乗り越え、じつにドラマチックな半生を送る十和子さん。苦労も多かったはずなのに、微塵も感じさせない透明感とみずみずしい印象のまま次の時代を見据える姿は、間違いなく私たちの指標となってくれるのだ。



MAQUIA11月号

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/黒田啓蔵〈Three PEACE〉 スタイリスト/江島モモ  取材・文/安倍佐和子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

\アスタリフト版のご購入はこちら/


\アベンヌ版のご購入はこちら/

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share