SNSを通じた寄付活動で話題を呼んだ俳優・志尊 淳。ここ最近の活動は、俳優という枠から自由に大きくはみだしている。「MAQUIA」3月号では、人間・志尊 淳の知られざる魅力に迫ります。

志尊 淳の魅力に迫るインタビュー! 「何事にも想像力と知性が大切」 _1

志尊 淳
ときめきの理由

分かち合いたい、その「気持ち」


いろんな人の考えに耳を傾けて
気持ちをシェアすることで
自分自身も豊かになっていく気がする。


うつむく志尊淳さん

撮影後、芝居の現場とは違って「恥ずかしかったけど楽しかった」とはにかんだ志尊さん。
「写真はいろんなプロの力が詰まったアートだから、僕ができるのは自分をさらけだして身を委ねることだけ。見たこともない表情を引き出してもらえるのが楽しいんです。特にミリ単位で印象が変わるメイクの力って、本当にすごいですよね」


美容について話が及ぶとサスティナブルについて、体型の話になると女性ホルモンにまで広がっていく。その知識の豊富さと意識の高さに驚かされる。
「役を演じる上で、感情的に理解できないこともたくさんあるんです。そんな時に重きを置くのが人とのコミュニケーション。何事にも想像力と知性が大切だと思っているので、いろんな人の考えに耳を傾けて気持ちに寄り添うようにしています」


そんな志尊さんが人とシェアしたいのは、やっぱり会話。
「身近な人にはペラペラ自分のことをしゃべっちゃうタイプなんです。特におばあちゃんと母親にはほぼ毎日電話しています。仕事はもちろん、プライベートまで隠し事なし(笑)。会話をシェアすることで、自分自身も豊かになっていく気がします」

屋外に立つ志尊淳さん

志尊 淳
JUN SHISON
1995年3月5日生まれ、東京都出身。2011年に俳優デビュー。その後、ドラマ『女子的生活』の演技が評価され、文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門で放送個人賞を受賞。2020年6月に新型コロナウイルスに対応する医療従事者へ向け、日本赤十字社と共同募金会へ1000万円の寄付を表明した。現在、主演する映画『さんかく窓の外側は夜』が公開中。


MAQUIA 3月号
撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/磯野亜加梨〈スタジオまむ〉 スタイリスト/斉藤くみ 取材・文/松山 梢 構成/木下理恵(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share