職場や子どもの学校などでも浮きたくないけれど、普通すぎるのはイヤ! そんな大人世代におすすめのデザインカラーは、耳後ろの内側の毛束にアクセントを入れるイヤリングカラーです。落ち着いた印象のブラウンをベースにカシスレッドをちらりとのぞかせて、さりげなくエッジをプラス。マスクをつけていても顔まわりを華やかに見せてくれます。おだんごヘアにすればイヤリングカラーが目立ちにくくなるので、どんなシチュエーションにも対応できるのもポイントです。

インナーカラーメインのボブヘア

HOW TO MAKE


[cut]
鎖骨にかかる長さのミディアムヘアにローレイヤーを入れたソフトウルフ。顔まわりにぱつっとしたレイヤーを加えることでやわらかい動きがプラスされ、髪を結んだときにも明るい雰囲気に仕上がる。


[color]
全体はツヤのあるウォームブラウン、耳後ろの内側の毛束だけブリーチをしてカシスレッドをオン。派手すぎないカラーなので、大人の女性もチャレンジしやすい。


[perm]
直径23mmと26mmのロットを使用し、毛先にランダムなワンカールをつけてナチュラルな動きをだす。前髪と顔まわりはパーマをかけず、ブローで自然な丸みをつける。

  • インナーカラー1

STYLING


ほどよい束感とツヤを出すため『N. ポリッシュオイル』を使用。オイル100円玉大を手のひらに伸ばしてから、中間から毛先を中心に全体になじませる。最後に手に残ったオイルを前髪と顔まわりの毛束になじませ、束感をつくる。

Recommend


特にこのスタイルの似合うタイプはこちら。是非参考にしてくださいね。


・顔型(面長・丸型・卵型)
・毛量(多い・普通・少ない)
・髪質(硬い・普通・柔らかい)
・顔のタイプ(犬顔※クール・猫顔※フェミニン)
・髪色(何色にも合う)

このヘアを担当してくれたのは……湯田美奈恵さん(LOVEST 二子玉川 by air)
モデル/かんな、文/岸田雅子

share