私、マキアオンラインにてブログを書かせていただいておりますshinoと申します。本日はご訪問下さりありがとうございます。早速ですが演題の「まつげ専門サロンのセラピストに聞いたコロナ渦におけるまつげの変化」について発表させていただきます。
なーんて、スピーチ風に書き始めさせていただきました。


先日10年以上通って親交があるまつげサロンのセラピストさんとお話をする機会がありました。


1年前にコロナが流行し私達の生活も様変わりをしてウイルスを恐れるような毎日となりました。仕事の方式も変わる人、仕事を持たない人もテレワークの家族が家に昼夜在宅するようになって大きく日常が変わった人、ウイルスに感染し辛い思いした方もいると思います。この一年間、美容師さんとしても、まつげサロンでエクステやまつげパーマなど沢山の方のまつげを見つめてきた彼女は訪れる多くの女性のまつげのボリュームが減り、短く、少なくなっていると気がついたそうです。中にはまつげに白髪が生えてしまう方も何名かいらしたとのこと。まつげにはストレスが大きく関係していることを教えていただきました。恐る恐る私も彼女に自分のまつげを観察してもらいました。結果は・・・悲惨でした。「この数年で一番状態が悪い。切れているし短い、密度も減っている↓」この生活に慣れているつもりでしたがストレス以外に要因がないのではという彼女の考察。「思ったよりも身心ダメージを受けているのかもしれない。」とまつげに教えてもらった気がしました。そしてまつげ美容液をしっかりと毎日つけること、スマホの使いすぎ、テレワークのし過ぎで目が疲れた時にまつげをこすりすぎないようにとアドバイスをいただきました。まつげに白髪の生えてしまった方はその半年後ストレスの溜まらないよう、変化した生活になじんで対応していく努力をして新たな楽しみを見つけたところ三ヶ月後には白髪が半分に減っていって良かったと話していました。セラピストさんが寄り添って見つめてくれていて良かったですよね。悩みがあったときに脱毛してしまうとも聞いたこともありますし、まつげも面積が狭いパーツではありますが心の影響を受けやすいところです。異物が入らないように目を守ってくれる働きをしてくれる大切なまつげでもありますい、見た目にもまつげが少ないと寂しい印象になってしまいます。そして目元はマスクで隠れていない大切な場所ですので、「今日鏡を見てまつげ元気ないな...」と思った方まつげ美容液毎日つけていったほうがよさそうです。増えてくると嬉しいですものね。

まつげ専門サロンのセラピストに聞いたコロナ禍におけるまつげの変化(論文みたいなタイトル笑)_1

(画像はフリー素材です。)

MAQUIA エキスパート

shino

13年目/乾燥肌

プロ顔負けの美容マニア

得意な美容ジャンルは スキンケア。鋭い観察眼と豊富な経験をもつスキンケア通。コスメの発表会 セミナーレポートに定評あり。

share