秋冬一度も手も唇も荒れなかった秘訣教えます。特別な物は使いません。簡単、これに気をつけるだけ!

スキンケア
いいね! 7件

立春も過ぎて冬の終わりに近づいてきましたね!この秋冬手も唇も一度も荒れなかった簡単な秘訣をお伝えします。

手も唇も荒れる原因は同じ。「湿った状態で放置することが荒れを招く。」のです。

湿った状態で放置している時ってどんなとき?

・お手洗いや家事など水を触った時に手をきちんと拭かないでちょっと湿った状態で手を拭くのを終わらせてしまう。

・お手洗いのハンドジェット(手を空気で乾かす機械)で乾かして生乾きで終わり。

唇を湿った状態で放置している時ってどんなとき?

・唇をなめている時。なめる=唇の湿り気=乾燥=荒れ


荒れてからハンドクリームやリップクリームを塗って治すのって意外にすぐ戻らないですよね。湿ったまま放置しない、荒れさせないに限ります。すごく簡単ですから!そしてこの秋冬これに徹底したら一度も手指がカサカサ粉を吹くようになったり、くちびるの皮むけ、荒れがなかったので試してみてくださいね。

最後にもう一度おさらい。手を濡らして拭くとき=水分を完全に拭き取る。唇を なめない。ぜひ!


Image title

(雪の結晶のケーキはラデュレの2016の冬の限定品です。)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN