待ちに待った春の到来!「MAQUIA」5月号では、料理家の平野レミさんが目にも楽しい春野菜のレシピを提案。まずは、春野菜の特徴や栄養価について教えてもらいました。

料理が楽しくなるコツも! 平野レミさんが春野菜でポジティブクッキング♪_1

「お料理ほど楽しいものはないわね!」

レミさんの春野菜でポジティブクッキング

待ちに待った春の到来! 甘みも栄養価も増した春野菜を使って、料理家の平野レミさんが目にも楽しい春野菜レシピを提案。レミさん流・料理がもっと楽しくなるコツもお見逃しなく。

平野レミさん

料理愛好家

平野レミさん

テレビや雑誌などを通じて、キッチンにいるのが楽しくなるアイディア料理を発信。最新の著書『野菜の恩返し』(主婦の友社)も好評。

柔らかく甘みがあり、
明るい色合いや香りも魅力
「春野菜は、柔らかくて甘みもあって、みずみずしいのがいいわよね〜。旬の野菜にはパワーがあって、値段も安くておいしいの! 色鮮やかで香りもいい春野菜を、簡単なものからちょっと楽しいメニューまで、たくさん考えたわよ!」

新じゃが

新じゃが
小粒で煮くずれしにくく、水分が多いのでねっとりとした食感の新じゃが。じゃがいものビタミンCは加熱しても失われにくく、むくみ改善のカリウムも豊富。

春キャベツ

春キャベツ
春キャベツは柔らかくて甘みがあるのが特徴。適度な歯ごたえもあるので生食にもぴったり。緑色の外葉にはβ-カロテンが、芯にはビタミンCが多く含まれる。

新玉ねぎ

新玉ねぎ
収穫後すぐに出荷されたものが新玉ねぎ。水分が多くて柔らかく、生でも甘みが濃いのが特徴。香り成分のアリシンには、血液をサラサラにする効果がある。

アスパラガス

アスパラガス
4〜6月が旬のアスパラガス。疲労回復に役立つアミノ酸の一種、アスパラギン酸や、粘膜を保護するβ-カロテン、免疫力を高めるビタミンCと、栄養たっぷり。

菜の花

菜の花
1〜4月頃に出回る菜の花はほろ苦さと香りが魅力。つぼみの状態で、切り口がみずみずしいものを選んで。β-カロテンや、ほうれん草の1.5倍以上の葉酸を含有。

【教えてレミさん! 料理Q&A】
Q

お料理、きちんとやらなきゃって
身構えちゃいます
A
適当だっていいの。
自由な発想で楽しんだもの勝ち
「料理は適当でもいいの! 自分の食べたいものや好きな彩り、家にあるもので、と自由な発想で楽しんで。レシピに縛られなくてもOKよ〜」


Q
簡単なものしか
作りたくありません
A
シェフじゃないんだし
毎日のことだから簡単で十分!
「お料理は毎日のことなんだし、私たちはシェフじゃないんだから、手の込んだ料理じゃなくたっていいのよ。簡単にパパッと作れる料理で十分」


Q
正直、後片付けが
めんどくさいです
A
私も片付け、だ〜いっ嫌い
「実は我が家も散らかり放題(笑)。私も片付けは苦手なのよね〜でも忙しいんだし、片付けは自分のペースでやればいいと思っているのよ」


MAQUIA 5月号
撮影/豊田朋子 料理製作/平野レミ スタイリスト・フードコーディネーター/数本和子 栄養素監修/金丸絵里加 取材・文/和田美穂 構成/山下弓子(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年4月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。6月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share