誰が見ても一見マニキュアに見えるこれ、実はチークなんですよ!

チークにも練りチークや、おなじみのパウダーチーク、スティックタイプやクッションファンデのようなクッションタイプのチークなど色々ありますがネイルタイプのチークは初めて使ってみました。

Image title

フタを回すと筆となっています。思わず香りを嗅いでしまいました。笑。(マニキュアの香りもありませんし、特に何の香りという香り付けはないです。)

Image title

一筆書きしてみました。ツヤツヤですね!ボトルで見た発色、最初にトンと乗せた色のままのチークの仕上りではなく色は大人しめでみずみずしさ、ツヤメインに私には感じました。確かに箱にも「ほんのり染める」とあります。その通り、ほんのり。見た目、想像より薄づきですので店頭で確かめた方がお勧めです。

Image title

メイクアップアーティストさんが説明してくださいました。使い方は簡単「頬骨の中央、一番高いところに数箇所トントンと乗せてあとは指で軽く優しく伸ばしていくだけ。透明感と血色感が出るチーク」です。

Image title

↓ OR01番です。

Image title

このハートマークを8回ポンポンしたのがこちら↓ ポンポン優しくタップするごとに色はより自然になっていきます。みずみずしくて肌なじみがとてもいいですね。発色を求めればポンポンする回数を減らせば良いですし、透明感重視に仕上げたければポンポンを増やせばいいのだなと思います。「どうもマンネリメイクが脱せなくて....」という時にこうした新しいアイテムって刺激になっていいなって思います。いつものパウダーチークは入れる場所も使う場所も慣れすぎて同じで定番は定番で落ち着くのですけれど、年が明けて春だし新しいことに挑戦したいなの気持ちを叶えてくれますよね。

Image title

チークブラシがないのでコスメポーチミニマム化にも貢献?!

Image title

前回記した二色塗りが出来るリップも発想が面白いと思ったのですがこれも楽しい発想ですね!


アユーラ シロップチーク<ほお紅> 3色 (OR01、RD01、PK01)¥2,400(税抜)2017年2月23日発売です。

MAQUIA エキスパート

shino

14年目/乾燥肌

プロ顔負けの美容マニア

得意な美容ジャンルは スキンケア。鋭い観察眼と豊富な経験をもつスキンケア通。コスメの発表会 セミナーレポートに定評あり。

MAQUIA書影

MAQUIA2022年7月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share