夏を彩るプレイフルなカラーコーデで、マンネリメイクを脱出! 「MAQUIA」7月号では、人気ヘア&メイクアップアーティストが今旬のカラフルメイクを伝授。今回は、道重さゆみさんのアイシーメイクを紹介します。

道重さゆみさんのアイシーメイク! 透明感を引き出すpaku☆chan式テクをチェック_1

4大アーティストが「脱・無難」の新バランスを提案
色×色ならもっとメイクは楽しくなる!

paku☆chan

paku☆chanシルバーブルー×サーモンピンク
透明感を引き出すアイシーメイク


肌が透けるようなシルバーブルーに、柔らかで可愛らしいサーモンピンクを合わせた、ピュアで甘いメイク。この淡色同士の涼やかさを活かしながら、ぼんやりした印象にならないよう、眉をしっかり描いてメリハリ感をプラス。

USE IT

1 青みがかったホワイトシャドウに、繊細なシルバーパールがキラリ。ザ ナウナウアイズ 01 ¥3520/RMK Division(限定品) 2 なめらかに描けるスリム芯なので、粘膜も楽々。ベージュがかった柔らかなピンク。ファシオ ペンシル アイライナー 04 ¥1100(編集部調べ)/コーセー 3 チークやリップ、目元にも使えるマルチカラー。アクアジェム グロウ 06 ¥3080/スナイデル ビューティ

HOW TO MAKEUP

HOW TO MAKEUP
EYE 1をアイホール全体に2度塗り。透け感のある色みなので、全体を同じテンションに発色させるのがポイント。さらに1をチップに取り、下まぶたの目頭にチョンとのせてレフ板効果を狙って。上まぶたのキワ&下まぶたのインラインに2を。CHEEK 3を指に取り、ファーストタッチを頬高めの黒目下に。そこからぼんやりと頬全体に広げる。LIP 指に3を取り、すり込むように唇全体へ。その後、トントンと色を重ねるとぷっくりとした厚みがうまれる。

“相反するカラーも淡いトーンの 2色でまとめることで、 くどくならず、ピュアな表情へ” ――― by paku☆chan

相反するカラーも淡いトーンの
2色でまとめることで、
くどくならず、ピュアな表情へ

――― by paku☆chan

With...
道重さゆみ
みちしげ さゆみ●1989年7月13日生まれ。山口県出身。モーニング娘。の6期メンバーとしてデビューし、2012年に8代目リーダーとなる。グループ卒業後はファッション誌や美容誌などでモデルとして活躍中!

MAQUIA 7月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉 モデル/道重さゆみ 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share