「MAQUIA」5月号では、今の時代にフィットする眉メイクをpaku☆chanさんが解説。今回は太い、主張が強い眉のメイク術を教えます!

太い・主張が強い眉の悩みを解決! paku☆chan式メイクテクを公開_1

眉で「私」を語る時代
“ニューノーマル眉”描き方BOOK

タイプ別・眉メイク決定版

十人十色な眉のお悩みをpaku☆chanさんが添削。きっとあなたの眉に似たタイプや、使うべきアイテムが見つかるはず!

毛も生え幅も太いごんぶと眉
マキア公式ブロガー Moeさん
毛がしっかり生え揃っていて生え幅も太い、ごんぶとタイプ。パウダーで仕上げようとするとのっぺりしてしまい、“海苔”のような眉に。

BEFORE/AFTER

眉頭と眉尻のテンションに強弱をつける
ボリュームがある眉の場合、全体を同じテンションで描いてしまうと、重い印象に。眉頭は抜け感を出し、他は隙間がある部分をピンポイントで埋めていくと、軽やか&メリハリ眉に。


HOW TO

太い・主張が強い眉の悩みを解決! paku☆chan式メイクテクを公開_3

1 スクリューブラシでとかした後、毛がなく隙間が空いている部分に、リキッドで1本1本毛を描き足す。
2 左右のバランスを見ながら、パウダーをON。眉頭はあえて色を付けず、抜け感を出す。
3 仕上げにスクリューブラシで全体を優しくぼかす。厚みが減りなじみ度UP!

使用するアイテムはこれ

使用するアイテムはこれ
リキッド、パウダー、スクリューブラシが3in1タイプ。エスプリーク Wアイブロウ(リキッド&パウダー) GY002 ¥2310(編集部調べ)/コーセー

主張が強いアーチ眉
マキア公式ブロガー kihoさん
カーブを描くアーチ眉。しっかり毛はあるものの、この形のまま色付けをしても顔が締まらない。シャープな眉でメリハリをつけたい。

BEFORE/AFTER

下ライン&眉頭を足して"ややストレート"に矯正
曲線を描く眉タイプは、下ライン&眉頭の三角ゾーンを描き足すのがコツ。急なカーブをなだらかなストレートに矯正。ペンシルではなく、リキッドで描き足すことで柔らかな印象に。


HOW TO

太い・主張が強い眉の悩みを解決! paku☆chan式メイクテクを公開_6

1 カーブを弱めるため、眉山の下部分にリキッドで1本1本毛を描き足していく。
2 グッと内に入った眉頭も、Aで上に向け毛を描き足すことで、印象が柔らかく。最後に全体をBで色付け。

使用するアイテムはこれ

使用するアイテムはこれ
A 自眉風に描ける赤みを帯びたグレー。フレーミング アイブロウ リキッド ペン 04 ¥3300/SUQQU B こなれ感の出るグレイッシュブラウン。キャンメイク カラーチェンジアイブロウ 05 ¥550/井田ラボラトリーズ

MAQUIA 5月号
撮影/押尾健太郎(人物) 新谷真衣(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 取材・文/谷口絵美 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share