「MAQUIA」4月号では、paku☆chanさんが新時代の印象美人メイクを提案。コーラルピンクのチークで、生命感を感じる表情に!

触れたくなるような柔肌は、フォギーなピンクチークでつくれる!_1

「いきいき印象」と「透明感」がキーワード
春の美人メイクはこれが本命!

part2 透明感が高まるカラーメイク

触れたくなるような柔肌は、フォギーなピンクチークでつくれる!_2

ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん
Three PEACE所属。論理的なテクニックとトレンド感をおさえたメイクに、業界内でもファンが多い。

CHEEK
フォギーなピンクチークで生命感を秘めた肌に
さり気なく肌に溶け込むコーラルピンクがパウダリーに発色し、思わず触れたくなるような柔肌を演出。生まれたての赤ちゃんのような無垢な肌は、素肌そのものがキレイな美人印象をもたらす。

1黄みを帯びたピンクが、頬に生命感を与える。透けるような色づき。パウダー ブラッシュ 02 ¥53 00/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

1 黄みを帯びたピンクが、頬に生命感を与える。透けるような色づき。パウダー ブラッシュ 02 ¥5300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

2トリオ ブリック パレット〈ピュア グロウ〉 643 ¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品)、3コンフォート リップ フルイド フォグ 08 ¥5000/SUQQU

2 ボルドーの締め色がアクセントに。トリオ ブリック パレット〈ピュア グロウ〉 643 ¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品) 3 霧がかかったような質感に。縦ジワも目立ちにくく。コンフォート リップ フルイド フォグ 08 ¥5000/SUQQU

目元メイクのアップ

HOW TO フォギーピンクチーク
1をブラシに取り、黒目の下からこめかみに向けて頬骨に沿って引き上げ塗り。2Aのイエローをアイホールに広げ、上まぶたの目尻1/3と下まぶたのキワにBのボルドーをライン使いで。3のリップをチップで二度塗りし、最後に指で押し込むようにプレスしてツヤを出す。

MAQUIA 4月号
撮影/吉田 崇(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/坂下シホ モデル/泉 里香 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share