「MAQUIA」4月号では、paku☆chanさんが時代にフィットする印象美人メイクを提案! 今回は、粘膜色のピンクリップを使ったヌーディメイクをご紹介します。

paku☆chanさんが提案! 春はピンクリップでピュア顔に♡ _1

「いきいき印象」と「透明感」がキーワード
春の美人メイクはこれが本命!

part2 透明感が高まるカラーメイク

paku☆chanさんが提案! 春はピンクリップでピュア顔に♡ _2

ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん
Three PEACE所属。論理的なテクニックとトレンド感をおさえたメイクに、業界内でもファンが多い。

LIP
粘膜色のピンクリップでピュアなヌード顔に
唇に本来あるピンク味を纏うことで、とびきりヌーディで印象的なルックに。独自の厚膜のテクスチャーでぷっくりした立体感をつくり、目元にも粘膜カラーを潜ませればヘルシーで透明感もありながら、どこか官能的な印象に。

シャイニッシモ ハイシャインリップラッカー 140 ¥4300/ドルチェ&ガッバーナ ビューティ

1 ツヤやかな光沢感と高発色が長時間続く。シャイニッシモ ハイシャインリップラッカー 140 ¥4300/ドルチェ&ガッバーナ ビューティ

2ディメンショナルビジョンアイパレット 10 ¥6500/THREE 3コフレドール スマイルアップチークスS 05 ¥2300(編集部調べ)/カネボウ化粧品

2 センシュアルに拍車をかける濡れツヤ質感。ディメンショナルビジョンアイパレット 10 ¥6500/THREE 3 肌に陰影を与えるハイライト×ローズカラー。コフレドール スマイルアップチークスS 05 ¥2300(編集部調べ)/カネボウ化粧品

HOW TO 粘膜ピンクリップ
1のチップで唇の輪郭を取りながら、内側を塗りつぶすようにたっぷりとグロスを重ねる。2Aをアイホールと下まぶたにのせ、二重幅をBで引き締める。3は付属のブラシで円を描くように取り、頬骨上を覆うように広範囲に広げて、ツヤと血色感を底上げする。

MAQUIA 4月号
撮影/吉田 崇(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/坂下シホ モデル/泉 里香 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share