メイクにマンネリを感じている人は必見!「MAQUIA」7月号では、人気アーティストが夏を彩るプレイフルなカラーコーデを伝授。今回はイガリシノブさんが提案する、アースカラーを使ったメイクをお届けします。

イガリシノブさん提案!永尾まりやさんが注目アースカラーで楽園気分の華メイクにTRY_1

4大アーティストが「脱・無難」の新バランスを提案
色×色ならもっとメイクは楽しくなる!

イガリシノブ

イガリシノブスモーキーイエロー×モスグリーン×クリアローズ
注目アースカラーで楽園気分の華メイク


明るい印象のイエローに深いモスグリーンを合わせることで、自然な濃淡グラデがうまれ、メイクのまとまり感もアップ。口元はアースカラーと相性の良いローズリップで、色香を添えるイメージ。

USE IT

1 単色使いでも組み合わせてもおしゃれな、今ドキ配色のアイパレット。アイデザイナー 03 ¥6380/SNIDEL BEAUTY 2 ほのかにキラめきを感じる、ディープなグリーン。スルスルと描ける軽やかライナー。フーミー コントロールカラーライナー ナイトフォレストグリーン ¥1430/Nuzzle 3 粘度の高いオイルを配合し、フレッシュなツヤめきを演出。唇にスッとなじむ、温度感のある色っぽい血色カラー。アライジングスピリットリップグロー 03 ¥4290/THREE

カジュアルな色の中に 色気を添えるローズリップ

HOW TO MAKEUP
EYE まぶた広めに1Aを、その上から1Bを重ねて深みを出す。下まぶた全体には1Bを。上まぶたの目のキワ&下まぶたの黒目下に2でラインを引き、ラインの上から細く1Cを重ねる。この2色使いラインが黒目の存在感を際立たせる。CHEEK イエローベージュ系のチークを頬下にサラリ。LIP 唇全体にローズ系の3を直塗り。唇の山を強調して、ぽってりとのせて。これで赤を合わせてしまうとくどくなってしまうので避けて。

“クールでポップな夏の定番ブルーに アプリコットとライラックで 華やぎを添えて上品に” ――― by K.Chigira

クレヨンの端と端を選ぶように
明るめと深みカラーを合わせると、
ナチュラルで立体的な顔立ちに

――― by S.IGARI

With...
永尾まりや
ながお まりや●1994年3月10日生まれ。神奈川県出身。AKB48第9期生メンバーとして活躍後、2016年に卒業。卒業後は、タレントやモデル、女優、YouTube(まりかえちゃんねる)など、多方面で活躍中!

MAQUIA 7月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈ビュートリアム〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/永尾まりや 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share