Image title

女色であるピンクや赤を、なんと!眉にまで採用。「暗い色の眉だと何だか凹んだ印象になるけれど、ピンクだとフワッと柔らかいボリュームが出るの。だから眉にも赤みは有効」とイガリさん。春になると無性につけたくなる赤系リップも、眉にピンクや赤を用いることで調和がとれ、口元だけが浮くこともないそう。不思議と色っぽい雰囲気に映る魔法色。

教えてくれたのは…
Image titleモデルや今をトキメク女優たちから支持される人気ヘア&メイクアップアーティスト。コスメブランド「WHOMEE」のプロデュースも手がける。自由な色使いや枠にハマらないメイクが驚きと可愛さとお洒落感で女性たちを魅了する。

「ピンクのフサフサ眉メイク」使ったコスメはこちら 

Image titleA_膨らみのある影を操作するピンクパウダー入り
自由自在になりたいイメージの眉を作るアイブロウパウダー。向かって一番右の色はイガリさんこだわりの色。これをプラスするだけで眉印象がより洗練されるとか。フーミー  アイブロウパウダー +レッドブラウン ¥1800/Clue

B_眉も華やかに染めるイチゴ色のマスカラ
イチゴのような甘酸っぱさを感じさせる赤マスカラ。スッととかすだけで、自然にツンと上向きのロングカールまつ毛に。フーミー ロング&カールマスカラ strawberry red ¥1500/Clue

C_こなれ感漂う、彩度高き赤リップ
グロスをそのまま固めたようなツヤと潤いをもたらすリップスティック。パッと目を引く赤は存在感たっぷり。RMK リップスティック コンフォート エアリーシャイン 10 ¥3500/RMK Division

D_ツヤと明るさを宿すハイライター
ファンデーションのようになめらかに肌にのび、瞬時に明るい輝きを放つハイライター。ゴールド寄りの色合いで春夏にぴったり。シマー リクイド ハイライター 02 ¥3900/スック

 メイクポイントはここ! 

Image title

脱・キリッと眉。
赤のチカラで目元も表情も柔らかく

徐々に赤みカラーのアイブロウメイクが浸透。春は一気に、赤み率をアップさせてみるのもいい。使用するメインアイテムは赤マスカラ。たっぷりスクリューブラシに取って、しっかりと色をのせるのが正解。その脇を固める、肌をキレイに見せ、赤み眉を引き立てるハイライトと、眉からつながるピンクのノーズシャドウの存在は絶対ハズせない。

 PROCESS 

Image title1.眉の上と下に、眉尻から眉頭に向かってDのハイライトを指でのせる。

Image title2.Bのマスカラをスクリューブラシにまんべんなく取る。

Image title3.スクリューブラシに取ったBは、眉頭を外し毛流れに逆らってとかしつけ、さらに、毛流れに沿ってつける。

Image title4.A-①のパウダーを眉の内側にトントンとのせる。

Image title5.A-②のピンクはノーズシャドウとして使用。眉頭下に8mmほど影を加える。

Image title6.Cのリップは中央にクルクルと円を描くようにのせる。あとは全体に軽くなじませる程度でOK。

フサフサでも強くない!
表情に一気に女っぽさが宿る赤み眉

Image title花柄ワンピース¥15900/ロコンド(MANGO) リング/スタイリスト私物



撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル)、久々江  満(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリング/金山礼子 モデル/林田岬優 取材・文/靍田由香 



※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share