Image title「春=パステルと思いがちだけど、そこをあえてディープな印象のブラウンにするのがいいのよ!」とイガリさん。普通なら秋冬モードの顔にならないのか?と不安になるけれど、心配ご無用、「チークレスにして肌に抜け感を加えれば問題なし」。それどころか「ブラウンという色の効果で、シミやくすみが見えづらくなる」のだとか。“春ブラウン”、いいね!

教えてくれたのは…
Image titleモデルや今をトキメク女優たちから支持される人気ヘア&メイクアップアーティスト。コスメブランド「WHOMEE」のプロデュースも手がける。自由な色使いや枠にハマらないメイクが驚きと可愛さとお洒落感で女性たちを魅了する。

「春ブラウンメイク」で使ったコスメはこちら 

Image titleA_大人の洗練を印象づけるブラウンリップ
ひと塗りでこなれ感が出るチェスナットブラウン。印象的なカラーなのに、不思議と自分の唇と一体化するようになじむリップ。ルナソル シームレスマットリップス EX02 ¥3800/カネボウ化粧品(限定発売)

B_ウォームブラウンな目元を演出するカラー
ピーチローズバッド、ブラウニッシュ ローズウッド、ソフト コーラル、モーヴ ローズウッドの4色を配置した、穏やかなブラウンみを帯びたパレット。大人感満載。レ キャトル オンブル 354 ¥6900/シャネル

 メイクポイントはここ! 

Image title

唇の上下で色の濃さを変えた
立体ブラウンリップを主役に

ブラウンリップは、きっちり隙なく仕上げるのではなく、ラフさを残す方がいい。まず直塗りで中央に色をのせて、上下の唇を合わせてなじませたあと、さらに、点で色を重ねるように、輪郭に不均一にのせていく。このとき、上唇は3度塗り、下唇は軽く2度塗り程度に留め、あえて色づきの濃さを変えることでおしゃれな立体感が出る。

 PROCESS 
Image title1.目のキワをはずし、付属のチップでアイホール全体にB-②をのせる。



Image title2.左右にワイパーづけするようにでのせたアイシャドウを指でのばす。

Image title3.B-③をまぶたの中央→内→外の順につけてのばし、それをぼかすようにB-②を二重幅にのせる。

Image title4.下まぶたはB-①B-②を混ぜ、キワから少し広めに目尻から目頭まで太ライン状に入れる。

Image title5.リップを唇の中央にのせて、上下の唇をこすり合わせてなじませる。上唇は3度塗り、下唇は軽く2度塗りに。唇の上下で濃淡をつけて。

知性も、品も、
ほどよい隙の演出も満たした
存在感たっぷりなブラウン顔に!

Image titleブラウス¥7990/ロコンド(MANGO) ピアス¥15000/コンプレックス・ビズ・インターナショナル(Elaborate)



撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル)、久々江  満(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリング/金山礼子 モデル/林田岬優 取材・文/靍田由香 


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2020年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share