メイクの仕上りを左右する大きなパーツは、やはり眉。「描きました」感が出ると一気に老け込んで見えてしまうし、すっぴん眉のままでは、のっぺりとして目ヂカラも弱く見えがち。
私の場合、アイブロウペンシルで隙間を埋めるように描き、アイブロウマスカラで仕上げるのがいつものパターンなのですが、それでもなかなか満足のいく仕上りまではほど遠い...。
そこにすばらしい救世主が登場しました!「眉メイクが上手くいかない原因のひとつは、アイブロウマスカラが上手く使えていなかったこと」を気づかせてくれた、デジャヴュのアイブロウカラーです。
Image titleデジャヴュ アイブロウカラー 全3色  800円
左から/アッシュブラウン、ウォームブラウン、ナチュラルブラウン
2020年1月10日(金)発売

全国のPLAZA・MiNiPLAで先行発売
※一部取り扱いのない店舗があります。

デジャヴュの「フィルム眉カラー」は、形や色だけでなく眉の「質感」までこだわり、すっぴん眉のように自然だけれど、ダマやタバにならない仕上りが簡単に手に入ります。
Image title美しい眉メイクが叶う3つのPOINT
POINT 1
アイブロウマスカラに使われているフィルム成分を従来より小さいミクロフィルム成分を採用し、フィルム成分の減量に成功。さらにオイルとワックスを配合することで、柔らかな眉毛の質感と発色の良さを両立。

POINT 2
眉毛を根元から立ち上げて、毛流れを整えることが可能なコンパクトサイズのブラシを採用。

POINT 3
皮脂やこすれに強く、お湯だけで簡単にオフすることができる。

WEBエディター
NAKAMURAが試しました!

Image title実際に使ってみると、確かに今までのアイブロウブラシとはひと味もふた味も違います。極小のブラシが眉毛一本一本をとかしながら毛先まで色づけし、表面だけベタッとつくことがありません。
Image title明るい髪色になじむアッシュブラウンや、赤みのある髪色になじむウォームブラウン、どんな髪色にも似合うナチュラブラウンまで、メイクやヘアカラーにあわせて選べる絶妙カラーが揃っているところもさすが!
眉メイクがどうしても上手くいかない人に、ぜひ試してもらいたい逸品です。
Image title

 ▶デジャヴュのブランドサイトをチェック 

お問い合わせ
0120-371367


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


▼この記事を書いたのは...
Image title

WEBエディター NAKAMURA

#マンデーカラースウォッチと#金曜日の肌投資コスメを担当。爪が「割れる・折れる・二枚爪になりやすい」のが悩みでしたが、カルシウムのサプリを飲み始めて2〜3週間で、前より爪が強くなってきました。嬉しい!



MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share