メイクは人生を豊かに彩る立派なエンターテイメント!「MAQUIA」1月号では、毎日のメイクがもっと楽しく&魅力的になるコツを3人のプロが伝授。イガリシノブさん発の掟破りなメイク術に、目からウロコ!

Image title

メイク界のエンターテイナー総出演
あなたは、まだメイクをしめる!

映画や舞台、音楽と同様、メイクは人生を豊かに彩る立派なエンターテイメント。業界きってのエンターテイナー3人から、いつものメイクがもっと楽しくなる、より魅力的な自分に出会える、美容の提案です!


Image title

メイク界のエンターテイナー

イガリシノブ掟破りメイク

メイクってこうあるべきという凝り固まった常識を打ち破る、目からウロコのイガリ論。きれいの種はここに眠っていた!


自分ルールと引き換えに新たな魅力が手に入る!

「自分の中のメイクルールに縛られている人って、本当に多い。目のキワは黒で締めないとぼんやりするとか、目のグラデはマストとか、イエベだから青みピンクリップは使えないとか......。でも毎日、自分の中で掟になってるプロセスで、自分が思うイイ感じの可愛い顔を作り続けるのって、つまらないし、イケてなくなっちゃうと思う。だから、思い切って掟破り! 決まり事になっているオーソドックスなルーティンや、コスメを総入れ替えしてみてっ。たとえ、少ないプロセスでもメイクの錯覚効果を狙えば、おしゃれで新鮮な顔に出会えるから」

by Shinobu Igari

飛びぬけた感性によるオリジナリティ溢れるムードメイクを提案し、イガリ旋風を起こし続ける。


デカ目メイクの掟破り

今までの締め色で囲んでいくというデカ目の掟は捨て、目指すべきは、3D効果で狙う印象的なネオデカ目。


Image title

USE IT

1 深みと透明感を両立した、右上のシルバーを使用。ディオール バックステージ カスタム アイ パレット 001 ¥5500/パルファン・クリスチャン・ディオール 2 抜けのあるピンクパレット。キッカ フローレスグロウ リッドテクスチャー アイシャドウ 06 ¥5500/カネボウ化粧品 3 パールなしで、ニュアンス発色。フーミー ハイライトパウダー ピンク ¥1800、4 粘膜の延長線となるピンク。フーミー ロング&カールマスカラ terracotta pink ¥1500/Clue 抜けがあるのにぼやけないブラウンマスカラ。アイラッシュ マスカラ 02 ¥4300/SUQQU 6 顔に華やかさを添える、ディープローズ。リップスティック 2968 ¥3300/NARS JAPAN


囲んだ方が大きく見える×

“くぼませ色と膨張色を重ねた3Dな印象目が正解”

「影を作る寒色をベースに、膨張色となる赤みシャドウとマスカラを重ねた、ボリューミィな3D効果で印象目に見せるのが今どき。アイホールに1のパレット右上のシルバーをのせたら、2の右上のピンクを上下の二重幅に、右下のブラウンをキワに塗れば印象目に。マスカラも上を5のブラウン、下は4のピンクで膨張させつつ抜け感を演出」

Image title


キワまでみっちり埋めた方が目がくっきり×

“締め色を使わず隙間塗りぐらいがいい”

「黒ラインとグラデの囲み目は息苦しい時も。1の右上のシルバーは、アイホールに指でぽんぽん隙間ができるよう、まばら塗り。キワは2の下の軽めブラウンと45の茶系マスカラを使い、濃い色なしでキワを締めすぎないことも鍵」

Image title


目力を出すために、眉もリップもうす〜く×

“むしろ眉も唇も主張しないと!”

「目元を締めないメイクだから、眉もリップも抜きすぎは厳禁! 眉は3のピンクパウダーを眉下に引くだけで、眉と目の幅がさりげなく狭まり、くぼみ効果アップ。また、リップも強い色があった方がインパクトが出るし、おしゃれ」

Image title



MAQUIA1月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/加治ひとみ 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/西脇 温(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share