「MAQUIA」1月号では、メイク界のエンターテイナーが総出演。テクがなくたって、不器用だって、メイクがもっと楽しくなる驚きのメソッドを、千吉良恵子さんが指南!

Image title

メイク界のエンターテイナー総出演
あなたは、まだメイクをしめる!

映画や舞台、音楽と同様、メイクは人生を豊かに彩る立派なエンターテイメント。業界きってのエンターテイナー3人から、いつものメイクがもっと楽しくなる、より魅力的な自分に出会える、美容の提案です!


Image title

メイク界のエンターテイナー

千吉良恵子
「#メイクは楽しい!」
悩み解決Magic Show

常に冒険精神を忘れない千吉良さんが披露するのは、メイクが楽しくない→楽しい♪に変換するとっておきのマジック。


テクがなくて困っちゃう問題

不器用でメイクテクがなくっても、理論さえ知れば解決可能なお宝メソッド満載。


Q 流行のキラキラメイクを成功させるヒケツは?

A “目尻をグレーで締めて”

「キラキラやピンクのアイメイクはぼやっとしがちだから、目尻にグレイッシュの影を作るのが決め手! 立体感が増し、目力がありつつ大人っぽい印象に仕上がります」

Image title


Image title

「右のグレイカラーをアイホールの目尻のみに」。ピュアな透明感ときらめきが詰まったパレット。エターナルクチュール アイズ シマー 04 ¥5000/ジルスチュアート ビューティ


Q くまがどうしても隠れません

A “煌めく涙袋でカムフラージュ”

「コンシーラーでカバーしてもくまが消えない時は、涙袋を明るくキラキラさせるとくまの存在が気にならなく。涙袋がふっくら見えるアイカラーをチョイスして」

Image title

大粒のゴールドパールが煌めく、シアーなベージュ。まぶたを明るく見せる効果も。トーン タッチ アイズ 12 ¥3700/SUQQU


Q 眉が左右対称にうまく描けない

A “コンシーラーで非対称箇所を消せば解決”

「眉は最初から、左右対称にきれいに描こうとせずともOK! 眉を描いた後、気になる箇所をコンシーラーをなじませた綿棒でなぞるだけ。魔法のように毛が見えなくなり、簡単に微調整できますよ」

Image title


Image title

重ねても、一切重さを感じさせない自然なカバー感。ソフトマット コンプリートコンシーラー 全8色 各¥3600/NARS JAPAN


Q アイラインのハネがうまく引けない

A “白ラインでOK”

「アイラインのハネをプロ級にきれいに仕上げたいなら、ラインのハネ部分の下にホワイトのラインを引き、綿棒でぼかすと美ラインに!白目がクリアに見える効果もあり」

Image title


Image title

クリアなホワイト。ひと塗りで瞬時に鮮やかな発色。ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8222 ¥3000/NARS JAPAN


Q ラインを引いても目力が出ない

A “防波堤ラインとインラインのWワザならうまくいく”

「目力が欲しいなら、ラインがやっぱり有効! ただ1アイテムだと限界があるから、目力を増し増しにしたいなら、まずペンシルで目のフレームを描いた後に、キワをリキッドで埋めていくと最強です」

Image title


Image title

(右)スムーズに描けて、にじまない。カネボウ ディープジェルアイライナー 01 ¥3200/カネボウインターナショナルDiv. (左)目力が増す漆黒カラー。ディオールショウ オンステージライナー 091 ¥3600/パルファン・クリスチャン・ディオール



MAQUIA1月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉  スタイリスト/後藤仁子 モデル/松本 愛 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/西脇 温(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share