「MAQUIA」5月号では、料理家の平野レミさんが目にも楽しい春野菜のレシピを提案。ささっと簡単に作れる、春キャベツを使った2品をご紹介します!

柔らかくて甘〜い♡ 平野レミさんの簡単春キャベツレシピ_1

「お料理ほど楽しいものはないわね!」

レミさんの春野菜でポジティブクッキング

待ちに待った春の到来! 甘みも栄養価も増した春野菜を使って、料理家の平野レミさんが目にも楽しい春野菜レシピを提案。レミさん流・料理がもっと楽しくなるコツもお見逃しなく。

春キャベツ
柔らかい春キャベツは、ビタミンCが特に多い芯の部分も捨てずに食べて。選ぶときは、光沢があり、緑の濃いものを。


ギュウギュウの牛カツ
「普通だったらキャベツで肉を巻くけれど、これはキャベツを牛肉で包んで揚げているの。だから見た目より軽くて、いくらでも食べられるわよ!」

ギュウギュウの牛カツ

材料(2人分)
牛肩ロース薄切り肉…3~4枚(200g)
塩、こしょう…各少々
春キャベツ(芯は叩いてつぶす)…3~4枚

A

小麦粉…大さじ5
水…大さじ1
卵…1個
和からし…小さじ1



生パン粉…適量
揚げ油…適量
ソース、和からし…各適量
付け合わせ:トマト、キャベツ…各適量

作り方

作り方
1 牛肉をまな板の上に広げて並べ、塩、こしょうをふる。
2 キャベツを重ねてしっかり丸めたら、①の上に置き、肉で巻く。
3 Aをバットに入れて混ぜ合わせ、②をくぐらせ、次にパン粉をつける。
4 フライパンに1㎝ほどの油を入れ、170度で転がしながら5分程、肉だけに火が通るように揚げる。
5 付け合わせと共に盛り、ソースや和からしをつけていただく。

ぶったたき!キャベツのささっと炒め
「春キャベツは柔らかいから、芯まで食べられるの。炒める前に、何でもいいから硬いもので、芯をぶったたくのよ!  桜エビのいい味と香りが出ているアツアツの状態で食べてね」

 ぶったたき!キャベツのささっと炒め

材料(2人分)
春キャベツ…200g
桜エビ(乾燥)…10g
ごま油…小さじ2

A

塩…ひとつまみ
薄口しょうゆ…少々




作り方

1 キャベツの芯は麺棒などで叩いてつぶし柔らかくしてから、手でちぎる。
2 フライパンにごま油を熱し、桜エビを炒め、香りが出たらキャベツを加えてサッと炒める。
3 全体に火が通ったら、Aで味を調え、皿に盛る。

私、お料理学校行ってないから、発想が自由なの

「私、お料理学校行ってないから、発想が自由なの」
若い頃のレシピを見たら、白菜まるごと圧力鍋にドカンと入れて、上からホワイトソースとろとろ〜ってやってた。昔から自由なのよね。おいしければいいのよ。

MAQUIA 5月号
撮影/豊田朋子 料理製作/平野レミ スタイリスト・フードコーディネーター/数本和子 栄養素監修/金丸絵里加 取材・文/和田美穂 構成/山下弓子(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年4月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。6月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share