「MAQUIA」1月号の『星谷菜々の美に効くおいしいスイーツ』から、イギリスの伝統的なスイーツ「イートンメス」のレシピをご紹介。クリームとベリーソースの組み合わせが絶妙!

Image title

ほしや なな●料理家。都内にアトリエ「apron room」を構え、不定期でshopとしてオープンしたり、教室、イベントを行っている。詳細はHP:www.apron-room.com、Instagram:@apron_roomまで。


Image title

イートンメス

メレンゲをスプーンでサクサク崩しながら、クリームとベリーのソースを混ぜ合わせて、大きくひとくち。口いっぱいに広がる幸福感ったら! イギリスの伝統的なスイーツ「イートンメス」を、今回はラズベリーのソースで。甘みはほぼメレンゲだけなので、少しだけギルティフリー。


材料(約6人分)

ラズベリー 1パック(180g)

水 大さじ1

生クリーム 200ml

コアントロー 小さじ2

メレンゲ、ピスタチオ 各適量


作り方

小鍋に半量のラズベリー、水を入れて火にかける。ラズベリーをヘラで潰し、煮立ったら火をとめる。別容器に移して冷ます。

2 ボウルに生クリーム、コアントローを入れ、底を氷水に当てながら8分立てにする。丸または星口金をつけた絞り袋に入れる。

グラスに砕いたメレンゲ、2の生クリーム、1と、残りのラズベリーを交互に入れ、刻んだピスタチオを飾る。

*時間を置くとメレンゲがしっとりしてしまうので、作りたてをスプーンで混ぜながらいただく


今月の美食材

Image title

1 ラズベリー

豊富なポリフェノールが抗酸化作用と免疫力を高め、風邪予防や細胞の老化防止にお役立ち。香り成分にはなんと脂肪燃焼効果も。


Image title

2 卵の白身

脂肪分を含まない低カロリーなタンパク質。代謝のビタミンといわれるB2やナイアシンを含み、むくみ予防のカリウムも豊富。


Image title

3 ピスタチオ

ナッツの女王といわれるほど栄養豊富で、グリーンの色の成分であるリテインには細胞の老化を防ぎ瞳を紫外線から守る働きが。



MAQUIA1月号

レシピ・料理・スタイリング/星谷菜々 撮影/福尾美雪 栄養素監修/関口絢子 構成・文/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share