本当の「効く」を追い求めるなら、人間の生理機能をヒントにすべし。「MAQUIA」12月号から、大人のピュアネスを引き出すアーティストが指南する、「効く」美容の本質をお届けします。

Image title


Image title

メイクアップアーティスト 吉川康雄さん
NYをベースに活躍。広告、コレクション、セレブリティのメイクなどを手がける。自ら撮影・取材を手がけるサイト『unmixlove』(https://unmixlove.com)も話題


美容ライター 長田杏奈さん
著書『美容は自尊心の筋トレ』が、新しい美容本として話題。「全員美人原理主義」を合言葉に、モテるためでも若返るためでもない、自分を大切にするための美容を説くエッセイ。(Pヴァイン)

Image title


Image title

美容の担うべき役割は?
「肌が気持ちのいい状態にしてあげること」

長田 メイクの振り幅が広く、プロダクト作りにも造詣が深い吉川さんが考える「効く」美容とは?

吉川 「効く」というと、本来の形と、全然違うゴールの落差を埋めるものって思われがちじゃないですか。例えば、肌がテカるからってパウダーをはたいて、テカリが綺麗に収まったら「効いた」と思うでしょ?

長田 目先の悩みが解決できて、ラッキー♪ってなりますよね。ベースメイクにこだわる美容好きは、仕上げの粉にこだわる人も多いですし。

吉川 僕、普段からパウダーをはたき過ぎている人の肌って、見たらわかるんですよ。肌の潤いを抑えてしまうから乾燥するでしょ、そうすると肌の自衛機能として皮脂腺が活性化してしまうから、余計にテカりやすくなるし毛穴が目立っちゃう。

長田 せっかく対処したのに、余計に深みにはまる悪循環……。悲し過ぎます。

吉川 僕の考える「効く」美容は、綺麗な状態に見せつつ、肌も気持ちいい状態にしてあげること。そのためには、人間の生理に合ったメイクアップなりスキンケアなりを工夫する必要があるんです。

長田 目先のコンディションで場当たり的に対処するより、肌の生理まで立ち戻って考えたほうがいいということですね。さっきの例でいうと、人間の生理にあったテカリ防止法は、どんなことをすればいいんでしょう?

吉川 水分と油分をちょうどよく与えて、「脂を出さなくても潤ってるよ」って脳に教えてあげればいいんです。肌は、乾いた瞬間に脂を出すから、粉でサラサラにしても逆効果。

長田 なるほど〜。

吉川 肌にも、“あん”をかければいいんだよね。

長田 あんかけ!?  中華料理みたいにですか?

吉川 メイクの上から使える、水分と油分のあんかけ。テカリとは一線を画するツヤを演出しながら、保湿もできる「肌あんかけ」。

長田 そしたら「潤い足りてるよ」って、脳にお知らせできますね。

吉川 人間の生理を利用して「効く」美容を考え出すと、メイクとスキンケアの境目がもうちょっと緩やかでいいと思うんだよね。人間が勝手に昼はお化粧、夜はスキンケアって決めているだけで、肌は24時間同じコンディションでいた方が安らか。昼はサラサラ、夜はベトベトという落差に、肌はびっくりしてると思うんだよね。動物だったらありえないでしょ。

長田 考えたこともなかったです。

吉川 昼は色のついたスキンケア、夜は透明なスキンケアみたいにできたらいいよね。

長田 色つきスキンケアみたいなメイクアイテム、作ってほしいです。



MAQUIA 12月号

撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉 メイク/吉川康雄 ヘア/shuco〈3rd〉 スタイリスト/小川夢乃  モデル/森 絵梨佳 取材・文/長田杏奈 企画/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share