「MAQUIA」12月号から、ワンストロークで美人度を高めるベージュリップをお届け。ヘアメイクの岡野瑞恵さんのおすすめアイテムと塗り方のコツを伺いました。

Image title

顔だちも肌トーンも選ばない、魔法の色と質感。
いきなり美人をかなえる“絶対リップ”


ヘア&メイクアップアーティスト
岡野瑞恵さんが選びました

Image title

Profile

大手化粧品会社にてヘア&メイクとして腕を磨き、2006年よりフリーランスとして活躍中。女性の隠された魅力を引き出すメイクにファンが多く、女優やモデルからの指名も絶えない。


肌と一体化する仕上がりで知性と女性らしさをアピール

Beige[ベージュ]

「ベージュのいいところは、くすみや縦ジワなどのノイズを消し去って、素の唇そのものがパンプアップしたような仕上がりになるところ。微かな血色感があった方が、美人度も圧倒的に増しますよ」


Image title

ワンストロークで美人度を高める、くすみピンクベージュ。しっとりとセミマットに染め上げる。ルージュ・ジバンシイ 100 ¥4600/パルファム ジバンシイ


How to Makeup

Image title

1 輪郭と内側を軽く消す 

少量のリキッドファンデーションをスポンジにとり、少しだけ輪郭と内側の色みを抑える。


Image title

2 少しオーバーサイズに描く 

肌と唇の境をなくすイメージで、唇の輪郭を少しはみ出すようにブラシでオーバーに。


Image title

その他のオススメ

a 素の色が微かに透けるシアー発色で、なじみやすい。リップ バーム 06A ¥3700/トム フォード ビューティ(12月6日発売予定)b 濃密な発色と軽やかな付け心地を両立。くすみなども一掃してくれるのも嬉しい。ラプソリュ ルージュ R 204 ¥4000/ランコム



MAQUIA 12月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 吉田健一〈No.2〉(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉 モデル/朝比奈ニコラ 取材・文/森山和子 構成/西脇 温(MAQUIA)


【MAQUIA12月号は10月21日(月)発売!】

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share