春新色が出揃い、千晃さんも春顔に完全シフト! 人気メイクアップアーティストの𠮷﨑さんが、千晃さんを3つの旬顔に変身させました。まず最初は、春だからこそ上手にINしたいベージュを主役にしたメイク。質感や発色の掛け合わせに注目です。
Image title
教えて下さるのは
おしゃれメイク番長・𠮷﨑沙世子さん

Image title女性誌などのメイクページはもちろん、ファッションページでも大活躍中の人気メイクアップアーティスト。トレンドを踏まえた一歩先ゆくおしゃれ感に、多くのモデルたちが熱狂。ひと手間かけたメイクテクに注目して。


ベージュオンリーで作る春の大人顔【伊藤千晃のBijyo Diary】_1_1

今季のベージュは
“質感や発色の多彩さ”に注目

「今季のベージュはキラキラやシマー、はたまたマットと、多彩な質感や発色が大きな魅力。色も少し赤みがかっていたり、スモーキーだったりと、選択肢がぐんと増えたように思います。だからこそトライすべき、ベージュのワントーンメイク! ベージュという枠の中で、質感と発色のバランスをどんなふうに構成するかで、顔の印象がガラリと変わります。今回は春ならではの“軽さ”にフォーカスしました」(𠮷﨑さん)

ベージュオンリーで作る春の大人顔【伊藤千晃のBijyo Diary】_1_2

いろんなベージュの色味と
いろんな質感をMIXして軽さを出す

「大事なのは、同じようなベージュの色味でまとめないこと。頬は少しコーラルっぽく、目元はシマーなベージュにピンク色をひとさし、唇はマットなベージュと、質感と発色をうまくコントロールしつつ、目元は軽め、口元は重めに仕上げました。同じブランドに頼らないことも、ヌケ感とおしゃれ感をうまく盛り込むコツですよ」(𠮷﨑さん)

次回はこのメイクの詳細をお届けします。
使用した春新色にも注目してくださいね!

ベージュオンリーで作る春の大人顔【伊藤千晃のBijyo Diary】_1_3
ベージュオンリーで作る春の大人顔【伊藤千晃のBijyo Diary】_1_4


ニットワンピース¥19,800/Rosary(Rosarymoon) ピアス¥29,000/アガット

撮影/資人導 ヘア&メイク/𠮷﨑沙世子(io) スタイリスト/JURIKA.A モデル/伊藤千晃 取材・文/通山奈津子



「伊藤千晃のBijyo Diary」ブログ一覧はこちら>>

モデル・アーティスト

伊藤千晃

1987年1月10日生まれ。愛知県出身。2018年9月にソロとしてアーティスト活動を本格始動。 2019年11月には1stアルバム「Be」をリリース。美容誌でモデルとして活躍しながらライフスタイルブランド「KIKI AND DAYS」のブランドディレクションを行うなど幅広く活躍中。ジュニア野菜ソムリエの資格も取得し、美容・ファッションに関する豊富な知識で同世代の女性からの支持も高い。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share