最近、クレンジングを見直し中。気になっていた物がシンガポールで買えました。

1日の終わりに癒しのクレンジング。オルビスのオフクリームで疲れたお肌を労わり中_1

オルビスの新しいクレンジング、オフクリーム!

やっと入手しました。

ずっと気になっていて・・、でもCircuit Breaker(ソフトロックダウン)以降、ちょっとデパートから足が遠のいてしまって。

ちなみに、オルビスはタカシマヤにあります。

気になるお値段は$38。

やはり日本よりちょっとお高めですが、別途消費税が取られないのと、ふかふかのタオルが付いてきたので良しとしています。

(BAさんに"ウチノのタオルだから!"ってアピールされました。笑。信頼の日本ブランド!)

1日の終わりに癒しのクレンジング。オルビスのオフクリームで疲れたお肌を労わり中_2

オルビスってシンプルなパケだけど、今回はより洗練された雰囲気があって。

使う前から期待が高まりました。

特長は、汚れだけを見極めて肌の潤いはキープする点
メイク汚れだけになじむ"セレクトクレンジング成分"を配合していて、潤いを奪わずにしっとり肌に。

1日の終わりに癒しのクレンジング。オルビスのオフクリームで疲れたお肌を労わり中_3

こっくりとしたクリーム。

ですが、思いの外感触が軽やかで、スルスルと伸びます。

ダブルクレンジング不要ではないのですが、ポイントメイクもしっかりオフ。

1日の終わりに癒しのクレンジング。オルビスのオフクリームで疲れたお肌を労わり中_4

クリームが透明になり、オイル化したら完了のサインになります。

このクリームを馴染ませる時の感触は、人が本能的に感じる心地良さを追求した極上触感なのだそう。
例えば人が大切な物をなでる時、自然と秒速5cmの動きになるのだそうで、その動きを再現するようなテクスチャーを目指したのだそうです。

テクスチャーまで計算し尽くされたこだわりのクレンジングクリーム!

実はクレンジング、最近はずっとオイル派でした。

クリームって洗い流しても残っている感じがして・・。

でもこちらは洗い流した後のヌルっとした感じが無く、本当に心地良いクレンジングだったんです。

つっぱり感もゼロ。

元々乾燥肌なので、これからはクレンジングクリームを積極的に取り入れたいなぁ、と思いました。

1日の終わりに癒しのクレンジング。オルビスのオフクリームで疲れたお肌を労わり中_5

ちなみに、パッケージは既存の物に英訳シール。

今回初めてシンガポールのオルビスでお買い物をしたのですが、日本と同じようにポイントカードをいただきました。

この辺りが日本と変わらないのは何だか嬉しかったり。

またゆっくり店舗に行ってみたいと思います。

Instagram

1日の終わりに癒しのクレンジング。オルビスのオフクリームで疲れたお肌を労わり中_6

チーム★マキア/スキンケア

Misato

11年目/乾燥肌/イエローベース

アラフォーらしいスキンケア・メイクを探究中!

シンガポール在住。一年中暑い南国でどのように美容と向き合うかが課題で、日系・海外ブランド問わずにコスメと触れることを楽しんでいます。セフォラは庭!隙間時間にチェックしています。ローカルな美容ネタにも興味アリ。色々経験して自分自身をアップデートさせて本帰国するのが目標です。

share