人気モデルの推し美容をご紹介。今回は、自分らしい可愛さを追求し続ける、道重さゆみさんが登場。スキンケア愛あふれる彼女に、お手入れ法やコスメ選びのこだわりを聞きました!

道重さゆみさんのスキンケア愛! お手入れ法やコスメ選びのこだわり、ブレないスキンケア哲学に迫る_1

語ります、私の○○愛
人気モデルズの推し美容

道重さゆみのすきんけあ愛
自分らしい可愛さを追求し続ける道重さんにとってスキンケアはその柱となるもの。「流行や人の意見に流されず、自分に合うアイテムを探すことが大切」と語る彼女の、ブレないスキンケア哲学をご紹介。

生活や筋トレなどハマっている美容はたくさんあるけれど、一番好きなのはスキンケア。いろいろ試したり、スキンケアをする時間がとにかく楽しくて、“お手入れしたいから早くお風呂に入ろう”って思うほどです。基本的にはブースター、化粧水、美容液、乳液、クリームの流れで、乳液をつける時に顔と頭皮のマッサージを。頭のコリをほぐすとスキンケアだけでは取れないくすみが取れて、肌がワントーン明るくなる感じがするんです。プロセスの中で特に気合が入るのはブースター。乾燥する時間を与えないように、お風呂から出たら髪を拭くよりも先にブースターをつけます。いかにスピーディにやるかっていうゲーム感覚になっていて、毎回命がけですね(笑)。


お肌って急に綺麗になるのは難しいと思うので、日々の積み重ねが大切。逆にしっかり向き合うほど結果が出るので、やりがいを感じます。同じものを使うにしてもパパッとすませるのではなく、愛情を込めて丁寧につけると肌がより応えてくれる気がするんです。トラブルが出る日もありますが、そういう時はお肌が一気に生き返る感じがする、アクセーヌの化粧水で肌をリセット。何かあった時に頼れるコスメに出合えたことで、お手入れをより楽しめるようになりました。


私はなるべく可愛くない日を作らないことを目標にしていて、スキンケアはそんな自分を支えてくれる存在。お休みの日はついダラけがちですが、朝しっかりお手入れをすると気持ちが引き締まり“今日も可愛くいよう♡”って思えるんです。何より、自分に合う化粧品を肌にのせると一日中ご機嫌でいられる。それが自分なりの“可愛い”に繋がるのかなって信じています。

"可愛い"を叶える推しアイテム1

A 美肌菌の働きを高めるブースター
「使うと肌の手触りが全然違う! ヘア&メイクさんからも“肌質変わったね”って言われます」(道重さん)。ジェニフィック アドバンスト N 30ml ¥11000/ランコム
B 酵素のパワーでクリアな肌に導く
「翌日の肌がピカピカに。即効性がありモチベーションが上がります」。クラリフィック デュアル エッセンス ローション 150ml ¥12100/ランコム
C くすみ& シミに集中アプローチ
「こっくりしたクリーム系美容液で保湿力が抜群。肌トーンもアップした気が」。イーブン ベター ラディカル ブライト セラム 50ml ¥15400/クリニーク

"可愛い"を叶える推しアイテム2

D 肌に活力を生み出す酸素に着目
「マッサージしやすいなめらかなテクスチャーで乳液として使用。かなりリピートしてます」。ME 4 (医薬部外品) 175ml ¥7150/イプサ
E 潤いが長時間続く濃密クリーム
「ベタつかずに内側から潤う感じがお気に入り♡」。モイスチャー サージ インテンス 72 ハイドレーター 50ml ¥6710/クリニーク
F 肌リズムを整えて明るいツヤ肌に
「顔色が悪い日も、これを使うと透明感がアップ。密着度の高さも◎」。RISM デイリーケアマスク セラミド&パール 8枚入り ¥715/サン・スマイル

コツコツ積み重ねる 毎日のスキンケアが “可愛い”に自信をくれる

MAQUIA10月号
撮影/吉田 崇(モデル) 新谷真衣(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵 スタイリスト/コギソマナ〈io〉 モデル/道重さゆみ 取材・文/真島絵麻里 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share