「MAQUIA」5月号では、美容業界をリードするプロフェッショナルたちに、これからのポジティブな美容のあり方をインタビュー。長田杏奈さん流「好きを表現」するメイクで、日常をハッピーにするヒントを見つけて!

長田杏奈さんが考えるポジティブ美容とは?「コンプレックスはチャームポイントと表裏一体」_1

見て、感じる、美容格言

“美容でポジティブ”ってこういうこと!

自分自身を大切に慈しむこと。美を粧(よそお)い、小さな変化を楽しむこと。美容とは、そんな喜びあふれるものであってほしい、とマキアは考えます。そこで本企画では、ビューティ界を牽引する7名のプロフェッショナルが考える、ポジティブな美容のあり方をクローズアップ。それぞれの揺るぎない信念や美に対する価値観がにじむ真摯なメッセージに触れれば、美容でハッピーになるヒントが見つかるはず!

美容界をリードする賢人と考えてみました

長田杏奈 
(美容ライター)
×
好きを表現する
園芸や茶道など、自身の趣味から美容のインスピレーションを得ることが多いという長田さん。“好き”という気持ちを投影したメイクがもたらす心浮き立つ時間が、日常を活気づけるスパイスに。



常に刺激が減った分、
美容の楽しみが心に沁みる
「日常生活に刺激が少ない今の時期こそ沁みるのが、家で自由に満喫できる美容の楽しさ。私自身も温かいスチームを浴びて癒やされたり、メイクにたくさんの色を使ったりして、1人でじんわり嬉しがっています。人と会う時も、マスクごしで唯一見える目元を“エンタメゾーン”に認定。派手な方が見る人に面白がってもらえるかもしれないので、率先して遊ぶことにしているんです」

コンプレックスは
チャームポイントと表裏一体。
代の美意識を変える存在になるひとは、
初めは目が驚くもの
「私は茶道が好きで、茶席で用いるどこかいびつな器や欠けた部分のある器を見ると美しさを感じます。完璧じゃない部分って、コンプレックスになりがちな反面、唯一無二の魅力の種でもある。オードリー・ヘプバーンだって当初はやせっぽちで目が大きすぎると言われたけれど、既存の美の価値観に自分を合わせなかったから伝説になれた。時代を変える美しさって最初は違和感を伴うけれど、そこで個性を貫き通せば時代が後からついてくる。なので、コンプレックスを隠すことはせず、むしろ“ほら、超イケてるでしょ?”と強調していきたい派です」

モデル/森絵梨佳

きな色や質感と
自分が一体化することが嬉しい
「化粧品って基本的に“美しさを表現すること”を目指して作られているので、すごく平和だなって思います。私にとってメイクはそういうきれいな色やキラキラした質感を自分と楽しく一体化できる行為で、ちょっとぐらい似合わなくても別にいいんです。好きな花を部屋に飾るように、季節の気分を顔にトッピングして悦に入る。社会ではままならないことがたくさんあるからこそ、好きな色を好きに纏った気ままで遊び心のある顔でいたいんです」

 1ディメンショナルビジョンアイパレット 11 ¥7150/THREE 2エンスロール グロス 12 ¥3080/セルヴォーク

「園芸が好きなので、この春は花を思わせる色みを纏いたい気分。テクスチャーも全て違うTHREEのパレットは、上下のまぶたに全色塗ったらすごく楽しいと思う」(長田さん) 1 ディメンショナルビジョンアイパレット 11 ¥7150/THREE 2 エンスロール グロス 12 ¥3080/セルヴォーク

マイナスをゼロに戻すんじゃなく、
分にプラスしていくのがメイク
「自分というベースにその時のフィーリングや遊びをプラスしていくことが、私の思うメイクの面白さ。一方で、マイナスをゼロに戻して、正しい美しさに近づくためのものだと思い込んでいる人もいる。それだと、メイクが自分へのダメ出しから始まる義務のようになりがち。素顔をマイナスではなくゼロ地点と捉えて、自分にもメイクにももっとリラックスして向き合えたらいいですね」

MAQUIA 5月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉 細谷悠美(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/小川夢乃 モデル/森 絵梨佳 取材・文/真島絵麻里 構成/火箱奈央(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share