今までは締め色ありきだったアイメイクに、この春、大きなトレンドの変化が。「MAQUIA」5月号から、犬木 愛さんが教える“締めない”アイメイク術をお届けします!

withマスク時代のニューノーマルは“締めない”アイメイクで!_1

ダークカラー封印!で軽やかな春の目元に

“締めない”アイメイクでニューノーマル顔

人気アーティストが提案
犬木 愛さん

ヘア&メイクアップアーティスト

犬木 愛さん

その人が持つ素材を最大限に生かしながら、女性らしさとトレンド感を纏わせるプロ。ルールにとらわれない色合わせロジックは目からウロコ。

素材を生かす時代が到来
withマスクの新解釈アイメイク
春夏の定番だったパステルカラーがスモーキーに変化し、締め色がなくてもニュアンスを引き出せるアイシャドウの登場が今季の大きなニュースに。しかも、単色使いでも立体感を演出できるものが増えたから、withマスク×濃い色アイメイクに違和感やトゥーマッチ感を覚えている人にこそおすすめ。締め色を封印することで、瞳本来の魅力や目力がより際立つようになるから、いますぐトライを!

これまでのアイメイク

これまでのアイメイクの目元の拡大

この春の更新ポイント
多色でつくるグラデーションは不要


上下のまぶたの色合わせが自由になった


スモーキーパステルで締めずにニュアンスを


ダークカラーも透け感があるものをチョイス

ニュアンスカラーEYEなら締めなくても美人印象アップ

ニュアンスカラーEYEなら
締めなくても美人印象アップ

この春の更新ポイントを踏まえたアイメイク

MAQUIA 5月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/宮本茉由 取材・文/野崎千衣子 企画/若菜遊子(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年5月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share