「ピンク=甘い」というイメージを裏切る、どこかシックでモードなカッコよさが目を引くエクセルの秋シャドウ。「少しパープルを感じるくすみピンクシャドウは大人でも使いやすく、しっとりとした雰囲気を作れます」と、paku☆chanさん。こんな色なら大胆に効かせてドラマチックに魅せるのもアリ。プチプライスで、この秋にふさわしい圧倒的な存在感を。

教えていただいたのは…
paku☆chan

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chan

ThreePEACE所属。丁寧な手仕事、鮮度ある色使い、トレンドをMIXしたメイクで女性美を作り上げる人気アーティスト。モデルや女優からの支持も厚い。

USE IT!
「エクセル」の繊細なツヤピンク

左から:
●大粒の偏光パールをミックスした透明感のあるライラックピンク。エクセル アイプランナー D 03 ¥900(10月20日発売)


●リッチな発色と繊細なツヤの遊び心あるプラムピンク。エクセル アイプランナー R 03 ¥900(10月20日発売)


●濃厚なバームようなテクスチャーと美しい発色が魅力のテラコッタオレンジリップ。エクセル グレイズバームリップ GB12 ¥1600(9月23日発売)


●手元をお洒落に見せる、秋らしいマスタードイエロー。エクセル ネイルポリッシュ N NL18 ¥1000(9月23日発売)

POINT①
美色ピンクをまぶたに挿して色で遊ぶ

発色がいい、青みピンクシャドウ。色をしっかり見せるため、プラムピンクの『R 03』を二重幅に目頭から目尻まで太めに入れる。ライトカラーの『D 03』はレフ板効果を狙って、白目がキレイに見えるよう下まぶたの目尻から1/3までの部分と、目頭にのせる。

POINT②
ブラシで丁寧にリップラインを縁取り

唇は、ピンクではなくオレンジ系の赤みで外すことで、それぞれの色の魅力を活かす。リップブラシに取り、輪郭を縁取りながら内側まで埋めてきちんと感を持たせて。あえてグラデーションをつけないのが今っぽく仕上がるポイント!

ピンクは可愛い反面、腫れぼったく見えるのが難点でしたが、太くしっかりとアイシャドウを入れることで払拭できるんですね。ピンクメイクの幅が広がりました!
by 衛藤美彩さん

ブラウス¥7980・ピアス¥5980/ルルドインターナショナル(ダナン)


撮影(モデル)/熊木優(io) 撮影(静物)/河野望 モデル/衛藤美彩 ヘア&メイク/paku☆chan(ThreePEACE) スタイリング/金山礼子 取材・文/靍田由香 企画/織田真由(MAQUIA ONLINE) 

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

share