「MAQUIA」4月号では、美肌をつくる効果も絶大な"和食"に注目。そんな和食のビューティパワーと地味メシレシピをご紹介します。今回は、「海藻」レシピをピックアップ!

Image title

日本の伝統食こそ最強のビューティフード
大豆・海藻・乾物・発酵食品…
J美肌をつくる"地味メシ"のすすめ


お話を伺ったのは…

料理研究家 荒木典子さん
調理師学校や出版社を経て料理研究家に。料理教室主宰。著書は『まいにちの和食』(KADOKAWA)。今回の地味メシレシピを提案。


海藻

食物繊維やミネラル、ヨウ素が豊富

海苔、ひじき、わかめとさまざまな形で海藻を食べる日本。腸内の余分なコレステロールや老廃物を排出する水溶性食物繊維や、ミネラルを含有。ヨウ素には新陳代謝を高める効果が。


Image title

【海苔】

タンパク質や食物繊維のほか、抗酸化作用の高いビタミンAやC、ビタミンB群、鉄分、葉酸と、女性に欠かせない栄養の宝庫。


Image title

海苔のコクがアクセントに

ほうれん草の海苔和え

材料:作りやすい分量
ほうれん草…1束
焼き海苔…全形1枚分
しょうゆ…大さじ1/2ほど


作り方
1 ほうれん草は塩ゆでして冷水にとり、4cm長さに切ってよく水を絞り、ボウルに入れる。

2 焼き海苔はちぎってボウルに入れ、しょうゆをまわしかけて全体をあえる。


Image title

【ひじき】

カルシウムは海藻類の中で最高の含有量。むくみ改善にいいカリウムや、血液循環を正常に保つマグネシウム、鉄、食物繊維も豊富。


Image title

卵&海藻で栄養バランス最高

ひじき入り卵焼き

材料:作りやすい分量
ひじき(乾燥)…5g
万能ねぎ…3本
卵…3個
だし…50ml
薄口しょうゆ…小さじ1
サラダ油…適量


作り方
1 ひじきは水に入れてもどし、水気をきる。万能ねぎは小口切りにする。

2 卵を溶きほぐして、だし、薄口しょうゆを加えて混ぜ合わせ、ひじきを加えて混ぜる。

3 卵焼き器を中火で熱してサラダ油を薄く引き、を適量入れて半熟になったら手前に巻く。卵焼きを奥にずらして再度油を薄く引き、を適量入れて巻く。これを繰り返す。

4 皿に盛ってねぎをちらす。



MAQUIA 4月号

撮影/豊田朋子  スタイリスト/洲脇佑美  料理/荒木典子  取材・文/和田美穂  企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share