梅雨前のこの時期、普段よりも髪のぱさつきが気になる人も多いのではないでしょうか。パーマやカラーを繰り返してきた髪は、年齢を重ねるに従って髪が傷んで広がってしまいがち。ここでは、そんな髪質の変化が気になる40代におすすめのヘアスタイルとケアの方法をお伝えします。カットとトリートメントでヘアの艶感をアップさせ、エイジレスな髪質を手に入れて。

broocHヘアスタスタイル1_front

HOW TO MAKE



ぱさつきや広がりが気になる髪には、ストレートパーマとトリートメントを上手く使っていくことで、髪のボリュームをワンサイズダウンすることが可能に。梅雨時期の顔周りのうねりの解消には、柔らかいストレートパーマをかけること、また酸性のトリートメントを使用することで、髪がぐっとまとまりやすく。

普段のパーマ剤やカラー剤はアルカリ性のため、酸性トリートメントで逆の力を加えてあげることで、髪を傷まない方向によせていってあげることができます。一般的なトリートメントでは一時的にしか効果が持たない場合も、強酸性のトリートメントを使用すると、より強い力で髪の毛をギュッとしぼって細くすることができます。そのため、一般的なトリートメントよりも長く維持できる、傷まないなどのメリットがあります。

  • broocHヘアスタスタイル1_side

CARE



自宅でのケアは、髪を乾かす前にしっかりとオイルやクリームを使用することが重要です。最近であれば、クセ毛専用のオイルやクリームが出ているので、自身の髪の悩みに合わせたものを選んで。

ブローは、できれば面が平たいパドルブラシを使ってなでるように乾かしてあげると、髪の傷みをよりケアできます。一番良い乾かし方はオーバーラップといって、ブラシをつかって一度後ろに乾かした後、今度は後ろから前に乾かす方法。美容室で取り入れているこの方法でブローしてあげると、髪の艶をより出していくことができます。

このヘアを担当してくれたのは……西山洸平さん(broocH)


構成・文/木崎ミドリ 
https://brooch.jp/

share