「敏感肌を愛そう。」



フリープラスから、新作クレンジングオイルが2020/7/16発売です❗️



発売前から早くも話題のアイテム。
実際に使ってみて、成分を見て、
オススメポイントと、豆知識をレビューします🌟

フリープラス オイルセラムクレンジング

★フリープラス オイルセラムクレンジング

100mL ¥2,000 (+tax)

~フリープラス オイルセラムクレンジングの成分は?~

フリープラス オイルセラムクレンジング 全成分

フリープラス オイルセラムクレンジング 全成分

フリープラスは「敏感肌も使えるオイルクレンジング」が魅力ですよね✨


擦らずポイントメイクもするんと落ちるとか...



その秘密の一つはメイン基剤の「水添ポリデセン」



マスカラなどのアイメイクによく使われているのは「水添ポリイソブテン」
名前、似てますよね✨構造も似てるんです。



物質って、構造が似てるものに溶けやすい。
だから、マスカラも擦らずするん♪なのです^0^

~鉱物油不使用 & 88%美容オイル使用!~

鉱物油不使用。88%美容オイル使用というクレンジングオイルセラム!



実際のところ肌を保湿するオイルも、クレンジングオイルも、登場する場面が違うだけで同じ成分が多いです。



鉱物油は敏感肌の味方になる低刺激オイル
具体的にはワセリンやミネラルオイル等を指しますが、
これらは軟膏ベビーオイルの主成分となるほど肌に優しい成分です。
普通にスキンケアにも使われますよ🌟



ただ、やはり「鉱物油」に抵抗感を感じる方は一定数いらっしゃいます。
そういった方が離脱しないよう、スキンケアにも使われるオイルを使用しているのかな、と思いました^^

~アミノ酸系オイル使用!~

洗浄成分とされている「ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)」
これはいわゆる“疑似セラミド”ってやつです。
「グルタミン酸」がアミノ酸で、構造に組み込まれているので「アミノ酸系オイル」と表現しているみたいですね^^

セラミドはお肌のバリア機能を担う成分として有名ですよね♡



疑似セラミドは合成で作られたセラミドに似た成分ですが、
・セラミドより安価
・セラミドより溶けやすく配合しやすい
・肌の柔軟効果有り
・肌の水分蒸散を抑える
などなど、様々なメリットのある成分です◎

クレンジングのような洗浄系に入れても肌には残る訳ではありませんが、
刺激性少なくマイルドに洗い上げてくれます✨


素早い乳化にも一役買ってくれているのかもしれません✨

~フリープラス オイルセラムクレンジングの使用感は?~

フリープラス オイルセラムクレンジング

フリープラス オイルセラムクレンジング

非常―――になめらかに伸びるサラサラテクスチャーです😆
肌への摩擦を避けられます🙆‍♀️



摩擦は様々な肌トラブルのトリガー。
敏感肌さんは特に気をつけたいですよね🌟

~メイク馴染み◎~

フリープラス オイルセラムクレンジング

非常に素早いメイク馴染み💄✨



かる~くなでるだけですっと落ちるから、肌表面の汚れだけ落としてクレンジング完了



お写真は落ちにくいステイック型ファンでを使っています♪
じわじわと馴染んでメイクが浮いてきているのがわかります^^

~水を加えると素早く乳化🤩~

フリープラス オイルセラムクレンジング

乳化とは、水と油が均一に混ざること
クレンジングオイルを洗い流すには必須工程。



これがゆっくりだとオイルの滞留時間が長く、肌の脂質を奪いかねません。

【フリープラスがおすすめなかおり的結論】

フリープラス オイルセラムクレンジング

敏感肌向け所以は、
・サラサラテクスチャー
・素早いメイク馴染み
・しっかりメイク落ち
・素早い乳化
による『摩擦の少なさ』に尽きると思います❗️

オイルクレンジングは、界面活性剤の処方によっては
"洗い過ぎ"で突っ張ったりもしますが、さすがフリープラス、乾燥感も感じませんでした☺️

✔︎メイクはさっとしたい❗️
✔︎オイルが好き💕
✔︎お肌を柔らかくしたい✨
という方にはおすすめです😋



本商品はMAQUIA編集部より頂戴致しました♡

Follow ME♡

チーム★マキア/スキンケア

かおりん

7年目/乾燥肌/イエローベース

化粧品処方設計の経験を持つレアブロガー

化粧品成分に精通した、リケジョブロガー。スキンケアなどの訴求成分については、原料メーカーのホームページや技術情報誌・特許まで読んで調べるそう。

share