糖化による黄ぐすみにコウジ酸パウダーでケアしてみました。

こんにちわ!!


チーム★マキアのあややです。



私はスキンケアの中でも、糖化に力を入れたケアをおこなっております。




そもそも糖化とは...?


糖化は「体のコゲ」とも呼ばれていて、食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象で、肌が黄色くくすんだり、深刻化するとシミやシワの原因にもなります。




若々しいお肌でいたい女性にとって、この糖化というものは本当に鳥肌が立つくらい怖すぎる現象ですよね😱




黄ぐすみって、すごく老けた印象に見えたりするんですよね。。。



やはり白く澄んだお肌に憧れるもの🥺



これまでの生活で黄色くくすんでしまったお肌をケアすべく、とあるアイテムをケアに取り入れはじめました。

コウジ酸パウダー原末

それがコチラ☆

コウジ酸パウダー原末

50g 3575円

※5g 990円も販売しています。

私はマンデイムーンと言う手作り化粧品の原料などを販売しているサイトで購入しました。

コウジ酸は黄ぐすみに効果があると言われているため、その悩みをケアしたくてお手入れに取り入れてみました。

コウジ酸パウダーの原末はこうなっています。

原末

比較的パウダーの粒子は大きめです。

【使い方について】

水溶性のアイテムのみに配合可能。

化粧品に加える際は0.1%から1%を混ぜて使用。

ローションを作る場合は、

精製水50mlに対し、0.05gから0.5gを配合して使います。

私はズボラな性格なので、

普段使用している化粧水にささっと混ぜて使用しています。

ちなみにフラーレンの化粧水と混ぜて使用しています。

フラーレンの化粧水

フラーレンを選択したのにも理由があるのですが、それに関してはまた別記事で詳しく書かせていただきますね!

コウジ酸パウダーを混ぜました。

化粧水にコウジ酸パウダーを入れた写真がこちら↑

欲張ってコウジ酸を多めにいれると、肌が反応してしまう場合があるので、目安量をなるべく守った方がいいと思います。

 

一度パウダーを入れすぎて濃度が濃くなり、若干お肌に痒みを感じた事がありました。笑

 

 

ちなみに、ちょっと溶けにくいので、気になる方は化粧水に混ぜるより、精製水に入れて化粧水を作る方がいいかもしれません。

 

 

朝夜の1日2回紹介し

約2ヵ月間みっちりケアを継続した結果のビフォーアフターの画像をご覧ください。

検証結果

いかがですか?

自分自身でもびっくりしてしまう変化がありました。

肌の黄みが明らかに軽減しています。

毎日鏡を見てるとなかなか気づきにくい変化ですが、写真を比較すると一目瞭然でした。

2ヵ月でこういった変化があると、日々のコツコツ継続したケアの大切さに気づかされます。

糖化ケアは表面的なケア以外にも

内面的なケアも大切だと私は考えていて、

内面的な部分でのケアに関してもまたブログで書きたいなと思います。

コウジ酸パウダーを購入した

マンデイムーンのサイトはこちら

Instagram

Instagramも日々更新中です!

チーム★マキア/インナービューティ

あやや

3年目/混合肌/イエローベース

お手入れ・運動・食事全てにストイックな東北美人

ニキビができやすい肌質がきっかけで美容にハマり、スキンケアから食事、運動まで貪欲にチャレンジ! コスメが大好きな東北在住の美容オタク。

share