セミマットな陶器肌も気になるけれど、

やっぱりアラサーともなりますと

ツヤっぽさを重視したベースメイク

基本かなとか思うわけです。


というか先日、ルナソルのイベントに

行ってきたんだけどね。


人気メイクさんの犬木 愛さんにベースメイク

を教わってきたのです~。はい。


メイク前には

オイルインソリューション(化粧液)と

Ⅰ:みずみずしいしっとりタイプ

Ⅱ:まろやかなしっとりタイプ

180mL 5,000円(税抜き)


ポジティブソリューション(美容液)を

30g 5,000円(税抜き)

使った、メイク前のマッサージ法や

浸透のさせ方を伺いつつ、

メイクに移っていくってわけです!


目の前には秋の新作とか

並んじゃってたりしてさ~。

めっちゃたのしみ~♡


まずは下地から。

右:ウォータリープライマー

美容液・メイクアップベース

SPF13・PA+ 

30mL 3,500円(税抜き)


中、左:カラープライマー

美容液・メイクアップベース

SPF25・PA++

30mL 3,500円(税抜き)

2018年9月14日発売


スキンケアの続きのような感覚で使える

メイクアップベース。

シミやくすみが気になるならベージュ、

ヘルシーな印象に、ニキビ隠しならイエロー、

かわいらしい印象に仕上げるならピンクと

悩みや好みに合わせて下地をセレクト。


これを塗るだけで、かなりしっかりとした

ツヤが肌に生まれてきますよ♡


続いてファンデーションはブラシに

しっかりと含ませて、滑らせてみました。

グロウイングウォータリーオイルリクイド

美容液・ファンデーション

全5色 30mL

01~04:SPF25・PA++

Clear:SPF18・PA++

5,000円(税抜き)


(スジっぽくしないためにはブラシに

きちんと含ませ、手の甲でオフして

全体に馴染ませてから、肌にのせると

失敗しにくいし、リキッドファンデブラシを

使うと出やすい“スジ”問題も解消されますよー)


ファンデのテクスチャーがかなり軽くて、

肌にすぐのっていくので、ブラシで肌を

磨くようにクルクルするとファンデが

取れやすくなりがち。。。

なので、横にスライドするよう、のせていきます。


肌の色を演出する色つきのカラーオイル

つややかな水ツヤを作るウォータリーグロウオイル

軽い感触で揮発し、カラーオイルを定着させる

ライトフィットオイルの3種類のオイルが

みずみずしいツヤを肌の上で

演出してくれるのです♡

ベースが完成したらチークを。

カラースティック

左:01シアーピンク

右:02シアーオレンジ

3,000円(税抜き)

2018年9月14日発売


少し外側気味に直接肌につけ、

指でなじませてみました。


目元にはメルティングカラーアイズEX02と

めちゃくちゃ書きやすかった

スタイリングジェルアイライナー

左:04シマーシェイド

右:05シマープラム

1,200円(税抜き)ホルダー別売り1,800円(税抜き)

こちらの05色を使用しました。


新作のリップはこんな

エアリーグロウリップス

06:キャメルオレンジ

07:ビター

08:ブラウンレッド

09:ディープレッド

3,000円(税抜き)


私は07ビターを使っています。


全てのアイテムがほどよくツヤ感を放ち、

併せ使いすることで、

水ツヤ肌をより引き立たせるような

ラインナップになっておりましたよ~♡


今回使った全アイテムはこれ↓

ルナソルのアイテムって、

ものすごく遊び心があるとか、ツヤッツヤの肌で

若々しさを演出!みたいなコスメではないんだけど、

どんな人にも似合う計算されたブラウン

派手すぎないツヤ肌感肌をキレイにみせる

カラーアイテムなどなど。


もんのすごい背伸びするわけではなく、

洗練されたベーシックが本当にキレイだなと。

これがずっと人気の秘密なのかもね。


イベントのメインアイテムの水ツヤ肌ファンデこと、

グロウイングウォータリーオイルリクイドですが、

カバー力はそこまでなものの、肌へのツヤ感で

“アラ”を消してくれるといったかんじでした。


しっとりとした潤い感もあったので、秋冬の

ファンデとしてチェックしてみるのもいいかも。

ルナソル公式サイトはコチラ


見てみてね~。


それでは今日はここまで!

ばいばーい!

Ayako

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share