肌と瞳の色が明るい“スプリングタイプ”に似合う、この秋のブラウンアイパレット&メイク法は?

メイクアップ
いいね! 0件

瞳の色×肌の色に似合うパレットを選べばデカ目になれる! 「MAQUIA」10月号では、運命の秋色のブラウンパレットをご紹介。

Image title


イエロー肌×明るい茶 or ソフトな黒い瞳

スプリングタイプに似合うブラウンアイパレット


パーソナルカラーアナリスト
矢吹朋子さん

Image title

東京・表参道でパーソナルカラー診断&メイクのスクール・サロンを主宰、これまで6000名以上を診断。http://www.yabuki-tomoko.com/


瞳の色×肌の色で自分のパーソナルカラーを導いて

 誰にも自分が得意なブラウンの色みがあるはず。でも、なぜか今まで似合っていたブラウンが、似合わなくなってきた、と感じる人もいるようです。
「なんだかいつものメイクがしっくりこない、気に入って買ったコスメが似合わない……。そんなふうに感じるなら、肌の色の変化があったのかも。夏の日焼けや、年齢、ホルモンバランスの変化などで、肌の色や質感は変わります。今まで似合っていると思っていたものに違和感を感じる、もしくは、そもそも自分に似合う色がわからないという人は、今一度、パーソナルカラーの見直しをしてみてはいかが? 矢吹流のカラー診断では、肌の色と瞳の色で、“スプリング、サマー、オータム、ウィンター”の4タイプに分け、似合う色を提案しています」
 この秋も各ブランドから続々リリースされるブラウンのアイカラーパレット。自分に似合う秋色ブラウンを見つければ、毎日のメイクがもっと楽しくなるはず!

Image title

自分の瞳の色に合うブラウンを選ぶと、自然に大きな瞳に見えるという考えでアイシャドウを提案。店頭やスマホで自分の瞳の色に合うアイシャドウが簡単に選べるので便利。

Image title

スマホで自撮りをするだけで似合う色を提案してもらえる!

Image title

調査概要⇒2016年 資生堂調べ n=204(日本, 東京)


イエロー肌・青グマタイプ
明るい茶orソフトな黒い瞳

スプリングタイプ

肌も瞳もいちばん明るいスプリングタイプは、瞳の色に合わせた透け感のある色と発色のブラウンパレットがお似合い。瞳の色とマッチしてデカ目効果抜群です。黄みがかったピーチコーラル系が入っているものを使うと、肌の色にも馴染みやすい。

Image title

色素の薄いスプリングタイプ。黄みがかった肌の色で皮膚感が薄く、色白の人は貧血に見られることも。肌や瞳の色が最も明るく、日本人には少なめのタイプ。

Image title

薄色のレイヤードで叶う女性らしい目元

「どんなピーチコーラル系ともマッチするのがスプリングタイプ。ニュアンスを感じるくらいのかなりシアーなタイプもお手の物。パレット内にセットしてある透明感のあるブラウンを重ね、女性らしい雰囲気に仕上げて。色素が薄く可憐なもともとのイメージに、大人のエッセンスを加えれば、どこか色っぽさを感じさせる女性らしい印象に」(矢吹さん、以下同)

Image title

絶妙なバランスの濃淡で自然な凹凸を表現

陰影をつくりやすいカラーレンジで、理想の美しいグラデーションが簡単に叶う。サンク クルール 647 ¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール

Image title

左上のコーラル、左下のベージュ、右下のブラウンを淡く重ね、濃度薄めのグラデーションに。黄みブラウンで目元のメリハリ倍増。


目元の色を統一させてピュアでノーブルな印象に

「黄み肌のスプリングタイプは、クリアに発色する黄み色ブラウンを中間色に選び、肌の色とリンクさせて。締め色ブラウンの黄み効果で、自然に引き締めつつ明るい瞳が際立ち、透明感のあるピュアな印象に。馴染みが良く、やりすぎ感のない仕上がりです」

Image title

まさに黄み肌向きのブラウンパレット

下段中央&右の色が、ぱっちりした目元印象を演出。インテグレート アクセントカラーアイズ CC BR693 ¥980(編集部調べ)/資生堂(9/21発売)

Image title

瞳の色に近い、下段右の色で目元を締めることでデカ目にアップデート。アイシャドウ以外はできるだけミニマムに仕上げて。

可憐な雰囲気が漂う華やぎカラーをポイントで

「ダークなカラーや、重ためな印象が不得意なスプリングタイプ。おすすめは軽やかなピーチコーラル系の色を、シアーなブラウンと組み合わせ、顔全体の印象を明るく仕上げること。パッと見の印象が派手な色でも、透けるタイプを選ぶことで黄み肌に馴染み、程よくメイクのポイントに」

Image title

アクセントカラーで目元を大きく&愛らしく

右上のピーチオレンジを下まぶたのみに使い縦幅を拡大。キッカ フローレスグロウ リッドテクスチャー アイシャドウ 01 ¥5500/カネボウ化粧品

Image title

ポイントカラーは部分使いするのが目元印象アップのカギ。締め色は細いライン状に入れ瞳の明るさを損なうことなくデカ目に。


MAQUIA10月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/野崎萌香 取材・文/浦安真利子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN