立体感と毛並み感がキモ! 脱・のっぺり眉は◯◯を変えるだけ!

メイクアップ
いいね! 6件

今どきふんわり眉メイク、彫深&小顔効果がある眉下シャドウなど、濃く入れすぎてバブル眉、歌舞伎顔になっているかも…。ヘア&メイクアップアーティストのレイナさんが、そんなブロガーお悩みvoiceにお答え! ◯◯を変えるだけで簡単! アイテム選びで差が出るメイクに驚きです!


 眉下シャドウ 

歌舞伎顔回避は◯◯を

変えるだけで彫深フェイスに!


お悩みブロガーvoice

Q「彫深の骨格を演出するのに眉下にシャドウを入れたら、歌舞伎顔に(泣)。上手にグラデーションを作るには?」

一発逆転answer

A「大きめのブラシに変えてみて 」

眉下シャドウにはブラシ選びが重要。ブラシが小さいとしっかりと色がのり、際立ちすぎてしまいます。大きめのブラシを使ってふわっと入れると失敗なしです。(レイナさん)


 HOW TO 

大きめのブラシにシェーディングをとり、手の甲で余分な粉を払ってから、顔にのせる。眉頭の下のくぼみからスタート。

Image title


眉頭の下のくぼみから鼻の側面へ向かって、三日月形にふんわりと入れる。

Image title


 BEFORE⇨AFTER 

奥行きが生まれ、鼻筋がすらり! 

これだけで目元印象が変わる

Image titleバレないほど自然! 鼻筋がすらりと通って見え、ほどよく引き締まった彫深な印象に変身!


★使用アイテムはこちら★

Image title

松リスの毛を使った繊細な毛先。粉含みが良く、色をふんわりのせるのに最適。KOBAKO アイシャドウブラシB ¥2,200(税抜き)/貝印


【次ページは】バブル太眉回避!2ルールを守れば簡単♪≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN