スーパー食材で美腸に! 「菌」を使った簡単スープでおいしく腸活

ライフ

「菌」を使ったスープで腸内の善玉菌を増やそう! 「MAQUIA」10月号から、野菜ソムリエプロAtsushiさんが提案する、美腸スープのレシピをお届け。どれも10分で作れます!

Image title

Image title

スーパー食材

腸内の善玉菌を増やす
菌を使ったスープ


Atsushi's Point

「乳酸菌などの善玉菌を含むのがチーズや味噌、納豆、塩麹などの発酵食品。火を止める直前に加えるのが生きたまま菌をとるコツ」

1/4

2/4

3/4

4/4

乳酸菌&ビタミンたっぷり、美肌にも効果的

カッテージチーズとグリーンピースのスープ


材料(1人分)

グリーンピース水煮(缶詰) 1缶(110g)

じゃがいも(小)1/ 2個

カッテージチーズ 50g

無調整豆乳 200mℓ

水 50mℓ

コンソメスープの素(固形) 1個
塩 適宜

エクストラバージンオリーブオイル 小さじ1

アーモンド 10粒


作り方

グリーンピース、じゃがいも、コンソメ、塩、アーモンド、豆乳、水をミキサーにかけて細かくする。

2 1を鍋に移し温め、火を止めてカッテージチーズを加え、最後にくだいたアーモンド(分量外)をのせ、オリーブオイルをたらす。


美腸食材ーカッテージ チーズ

乳酸菌がとれるカッテージチーズに、食物繊維が多いグリーンピース、じゃがいももプラス。

チーズがいいコクに。 大豆でたんぱく質補給

クリームチーズと大豆のスープ


材料(1人分)

大豆水煮(缶詰) 1缶(120g)

パセリ(みじん切り) 大さじ2

くるみ 10粒

コンソメスープの素(固形) 1個

水 220mℓ

塩 適宜

クリームチーズ 大さじ2


作り方

大豆、パセリ、くるみ、固形コンソメ、水をミキサーにかけ細かくする。

2 1を鍋に移し温め、塩を入れ味を調える。

火を止めてクリームチーズを入れ、溶けたら、最後にパセリ、くるみを各少々(分量外)のせる。


美腸食材ークリームチーズ

クリームチーズは加えると味にコクも出る美腸食材。食物繊維が多い大豆やくるみも使用。

納豆・味噌・コチュジャンの発酵食品で腸活

納豆・たけのこ・味噌スープ


材料(1人分)

ごま油 小さじ1

にんにく 1片

たけのこ水煮(缶詰・せん切り) 60g

いんげん 2本
水 250mℓ
納豆 1パック


A

味噌 小さじ1

コチュジャン 小さじ1

昆布だし(顆粒) 8g

酒 小さじ2

塩 適宜


作り方

鍋にごま油を熱し、みじん切りにしたにんにく、たけのこを炒める。

水を加えひと煮立ちしたら火を止めて、A、納豆を加え混ぜる。小口切りにしたいんげんをちらす。


美腸食材ー納豆

納豆には善玉菌を増やし血液をサラサラにする納豆菌が豊富。同じく発酵食品の味噌やコチュジャンも使用。

かぶの食感が楽しく、食物繊維もたっぷり

塩麹・かぶ・しらすのスープ


材料(1人分)

かぶ(葉つき・中) 1個

乾燥切り干し大根 10g

水 250mℓ

昆布だし(顆粒) 8g

塩麹 大さじ1

白すりごま 大さじ1

しらす 好みの量

塩 適宜


作り方

かぶを葉ごと、さっと水洗いした切り干し大根、水をミキサーにかけて細かくする。

2 1を鍋に移し温め、昆布だしを加え、最後に火を止めて塩麹とすりごまを加え混ぜ、しらすをのせる。塩味が足りなければ塩を適宜加える。


美腸食材ー塩麹

塩麹は消化酵素も含まれる美腸調味料。食物繊維が多いかぶや切り干し大根も使用。


MAQUIA10月号

撮影/sono〈bean〉 ヘア&メイク/松本 恵〈エス・キス〉 スタイリスト&料理アシスタント/竹中紘子 料理製作/Atsushi(@atsushi_416) 取材・文/和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN