人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン
目を大きく見せたいから、つい濃く盛りすぎてしまいがちな目元...。「囲み目」や「濃すぎるアイシャドウ」をしなくても、目を大きく見せるメイクの裏技教えます!
  • 赤みを味方につけて
    目を大きく見せる

    大人メイクの名手・岡野瑞恵さんが、盛らずに目を大きく見せる裏技を伝授。一見物足りないと感じる“赤み”は、血色=肌の延長色。黒は脇役に徹して、暖色カラーを味方につけて印象的な目元に。

  • 1/2ラインと外側
    強調で上品アイに

    「フルメイクするとギャルっぽくなってしまう」お悩みには、あえてアイラインを中央から外だけに入れて抜けを。アイシャドウも目尻寄りに差し色を少しだけプラス。そうすることで、スッと力の抜けた魅力的な眼差しに。



     

  • 淡いカラー仕込みで
    ふわっと軽い目元に

    「アイシャドウをつけると濃い印象になる」お悩みには、あえて黒を使わないのも柔らかい目元印象を作る近道。上まぶたにライトカラーを仕込み、締め色はキワと下の目尻にニュアンスを添える程度でOK。

  • 囲みラインなしで
    目を大きく見せる技

    「ラインで囲むとより派手顔になってしまう」なら、ラインはフレームを少し強める程度に留め、赤みシャドウを上下にのせて縦のボリューム感と立体効果を演出して。

  • 淡い色トーンで
    ピュアな透明感を

    「秋でも清楚な印象に仕上げたい」。そんな時は、アイシーなラベンダーで目元のくすみを払拭して透明感をまとって。ライナーの代わりにアイシャドウを細く描くのがポイント。

  • 赤み系つやブラウン
    で影感のある目元に

    男っぽさと女っぽさを半分ずつまとったハンサムメイクは、唇に毒っけ、目元に影を。赤み系のつやブラウンで目元を囲んでムーディな影感を演出し、アイラインは引かず抜け感を出して。

  • 小嶋陽菜が魅せる
    秋めく2つの表情

    河北裕介さんが提案する秋の2つのメイク。1つは、センシュアルで深いまなざしをつくるグレーのアイシャドウで大人の上品さを演出。もう1つは、ブラウンアイシャドウと深紅のリップで、ノスタルジックな雰囲気に。

  • デカ目になれる運命
    のブラウンパレット

    瞳の色×肌の色に似合うパレットを選べばもっとデカ目になれる! イエロー肌×明るい茶orソフトな黒い瞳さんに似合うブラウンアイパレットをご紹介。

あなたにオススメのまとめ

こちらもCheck!

UPDOWN