バリエ豊富に出揃った秋アイパレット。本誌人気企画「瞳の色×肌の色で導く4タイプ別」と、「アイパレット×リップ」の最旬メイクレシピを2本まとめてお届け。
  • 瞳の色×肌の色でパーソナルカラーを導く

    スプリング・サマー・オータム・ウィンターの4つのタイプ別に秋アイパレットの似合う色を厳選! 魅力的かつデカ目になれる運命のパレットを紹介します。

  • スプリングタイプに似合うピーチコーラルブラウン

    肌も瞳もいちばん明るいスプリングタイプは、瞳の色に合わせた透け感のある色と発色のブラウンパレットがお似合い。黄みがかったピーチコーラル系が入っているものを使うと、肌の色にも馴染みやすい!

  • サマータイプに似合うピンクブラウン

    青みを帯びた肌でやさしい瞳の色のサマータイプはパステル系のピンクブラウンや、くすみがかったピンクブラウンのパレットを。肌の色に映え知的な印象に、目元はふんわりとマイルドなデカ目に。

  • オータムタイプに似合うオレンジブラウン

    血色感が少ないオータムタイプは、温かみのあるオレンジ系のブラウンパレットを。また、濃いブラウンなど締め色が入っていると、デカ目メイクの強い味方に。

  • 今秋はほんの少し
    モードなスパイスを

    今シーズン注目すべきは、ミルキーな発色のベージュや、黒を含んだ深みのあるボルドーやネイビー。モードのニュアンスを少し加えるだけで、旬度の高い今ドキ顔に。howtoをチェック!

  • 深みを増した
    ボルドーがおしゃれ

    赤のワントーンメイクにトライするときのポイントは、ずばり潔くアイホール全体に塗るのが正解。千吉良さんいわく、モードだけれど赤ならではの女っぽさも宿るので、バランスも取りやすい!

  • 囲み目×ピンクの
    ギャップを楽しむ

    定番のブラウンパレットは、久々の囲み目メイクが新鮮に映りそう。オレンジブラウンを選べば、エッジィになりすぎず優しい印象に仕上がります。リップはあえてピュアなベビーピンクで、ドキッとするような甘辛ギャップを狙って。

  • 美しい!知性と
    女らしさの競演

    パープルとコーラルオレンジの補色コンビは、控えめながら今ドキ感を演出できる最強コンビ。知的な寒色グラデーションと温かみのあるコーラルは、重くなりがちな秋ファッションに洗練された軽やかさを与えてくれます。

  • 秋のカジュアル
    スタイルと好相性

    TシャツやスポーツMIXなどのカジュアルファッションには、深みグリーンシャドウやオレンジレッドのリップでお洒落感をプラス。色が軽いと夏を引きずっている印象に陥るので、重みのある色みを選ぶとそれだけで秋らしい雰囲気に。

あなたにオススメのまとめ

こちらもCheck!

UPDOWN