「アイクリームは高いからパス!」「まだまだアイケアは大丈夫でしょ」と後回しにされがちな目もとのケア。でもちょっと考えてみて。1日に数万回も瞬きをする目もとは、顔の中でも特によく動くパーツ。それだけ酷使しているんだから、お手入れだって専用のアイテムを使うべき。今から始めるべきアイケアの方法を、水井真理子さんと鵜飼香子さんに伺いました!

   

気づいた今が始めどき! アイケアをすべき4つの理由

  • 1.目もとは他の肌と別物。だからこそ特別なケアを

    「人間は1日平均2万回瞬きをします。朝から晩までひっきりなしに動き続けているのに、皮膚は他のパーツより薄く、肌の内外からの衝撃に弱いんです。最近ではPCやスマホで目を酷使し、目周りの血流が悪くなる人も多いので、アイケアは必須。唇にリップクリームを塗るように、目もとにもアイクリームが必要なんです」(水井さん)。

  • 2.イラストで検証! 目もとトラブルは老けの原因に

    「最近はカメラアプリも進化していて、自撮りしてもちょっとしたシワやクマは見て見ぬふりができるもの。でも、フィルターなしで写真を撮ったら目周りのくすみやしょぼくれ感にハッとするはず。瞳はその人の印象を左右する最重要パーツだから、色のにごりや線が1本入るだけでもガクンと老けた印象に」(鵜飼さん)。

  • 3.ターニングポイントは29歳! 早めのスタートが肝心

    「先輩方の『アイクリームだけは使いなさい』という教えのもと、29歳からケアをスタート。最初はこんな高いもの!と思っていたけど、今振り返るとあのとき始めていて良かったなと心底思います」(水井さん)。「29歳で行った韓国で、韓国女子は20歳になると母親からアイクリームを贈られると聞いて驚き。もともと奥二重だった私は、二重になりたくてまぶたをこすりまくっていたので、老化が怖くなって即スタート。使ってすぐ目もとのくすみやシワの軽減を実感。アイメイクも最小限で済むように」(鵜飼さん)。

  • 4.昨シーズンに引き続き、アイケアアイテムの進化が止まらない!

    シワの改善効果が認められたクリームが2点もデビューした2017年上半期。その後を追うように、目周りのトラブルにアプローチするアイテムが続々登場。これまで効果を感じにくいと言われていたアイケアアイテムも、即効性が得られる時代に。アイケアが白熱している今こそ、アイケアを始めるベストタイミングです!

より効果を高める! お悩み別ケア術を水井さんがレクチャー

  • 保湿ファーストで“乾燥ジワ”を食い止める

    目もとの乾燥は、シワ、たるみ、クマなど、あらゆるトラブルの第一歩。しぼんだ風船を膨らますように、まずはたっぷりのうるおいで肌にハリを与えて。上下のまぶたにムラなくしっかりクリームを塗るのがポイントです。ただし、その際こするとシワが定着するので、摩擦は厳禁!

    おすすめアイテム&ケア方法はコチラ >

  • 究極の老化サイン“たるみ”にはマッサージが◎

    何となく目尻のアイラインが引きにくい、目の下に影ができる……。それはまぶたがたるんでしまった証です。たるみは目もとだけで起きているのではなく、頭皮やフェイスラインなど、他のパーツに引っ張られて起こるもの。マッサージで顔全体をリフトアップしましょう。

    おすすめアイテム&ケア方法はコチラ >

  • “青グマ”が気になるならストレッチで血行促進

    青グマの正体は、ズバリ目周りの血管。皮膚が薄い人や、目周りがコリ固まって血行不良になっている人は、血管が青く透けて見えて青グマに。こまめなストレッチで首の筋肉をほぐし、顔全体の血行をアップすることで軽減できますよ。

    おすすめアイテム&ケア方法はコチラ >

  • “茶グマ”の最大の敵はケアやクレンジング時の摩擦!

    顔の中でもメイクが濃くなりがちな目もとは、クレンジングもゴシゴシこすりがち。そのゴシゴシや落としきれなかった化粧品が刺激となり、色素沈着することで茶グマへと進行します。なので、ケアもクレンジングも摩擦レスを心得て。優しいタッチで色素沈着を阻止。

    おすすめアイテム&ケア方法はコチラ >

動画でもっとアイケアのコツを身につけよう!

<動画内>トップス/参考商品 タージュ(プリマクレール・アタッシュプレス)  (プロセス)ワンピース/スタイリスト私物

こんなときどうするの? アイケアあるあるQ&A

  • Q1.普通のクリームや乳液を重ねづけすればOK?

    A.プチプラでも専用のものを使って!


    「目もとは特殊な動きをするだけでなく、骨格自体も起伏があって複雑。いろんなトラブルが出やすく、まさに悩みのスクランブル交差点なんです! だからプチプラでもいいから専用のアイテムを使って。スペシャルケアではなくデイリーケアと心得て」(鵜飼さん)。


    (左から)肌美精 リンクルケア 目もと集中うるおいマスク 60枚 オープン価格/クラシエホームプロダクツ 肌極 はだきわみ 目もとふっくらアイクリーム 20g ¥2800(編集部調べ)/コーセー アイ エクストラ セラム 15g ¥3048/アテニア

  • Q2.夕方のどんよりグマにできることは?

    A.その場でできる黒目エクササイズを


    「アイメイクの上からまぶたを触りたくないなら、まぶたを“ぎゅーっ”“パッ”と開け閉じするエクササイズを。目を大きく見開いて、黒目をぐるりと回し動かすのも効果的。目周りがじんわり熱くなり、どんよりの原因である血流の停滞を解消できます」(鵜飼さん)。

  • Q3.飲み過ぎた翌朝、別人のようにむくんだ目はどうすれば?

    A.むくみには温冷ケアで巡りアップ


    「むくんでいる部分には水分が溜まり、その下では炎症が起きている状態。腫れた目もとには触らず、首の後ろ側に温タオルと冷タオルを交互にあてて。ポンプ機能がアップして、まぶたに溜まった水分がスムーズに排出できるようになりますよ」(鵜飼さん)。

  • Q4.朝アイクリームを塗ると、メイクがヨレます……

    A.余計な油分だけをティッシュオフ


    「アイクリームはこっくりしているものも多いので、ベタつきが気になるなら軽くティッシュオフするか、ベタつきが気になる部分にフェイスパウダーをのせるのもおすすめです。朝用にベタつきのない軽いテクスチャーのものをひとつ持つのも◎」(鵜飼さん)。

  • Q5.上まぶたが痩せてくぼんできた!

    A.ハリ対応クリームでプランプアップ!


    「私も20代前半まではぷっくりとした奥二重だったのですが、20代後半からまぶたが痩せ始めてくぼみ族に。そんなときはハリを高めてくれるエイジングケア系のアイクリームを。多めに塗って指の体温でじっくり浸透させるのがコツ!」(鵜飼さん)。


    (左から)アミノシューティカル リンクルクリーム 15g ¥5500/ジーノ エクシア AL リペア プランプ アイクリーム 15g ¥15000/アルビオン スキンロンジェヴィティ VP アイ ジェルクリーム 15g ¥4800/ベアミネラル

  • Q6.アイゾーンの中心・眉間のシワはどうやったら消えますか?

    A.コリをほぐすようにクリームを塗って


    「PCやスマホを1日中見ていると、無意識に眉間に力が入りシワになってしまいます。そんなときは眉間のコリをほぐすように下から上へクリームを塗り、次に眉間を引き上げるようにクロス塗りを。最後におでこ全体を引き上げれば、シワが寄りにくくなります」(水井さん)。

おすすめのアイケア特集

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 河野望(物) ヘア&メイク/岡田いずみ(KiKi inc.) スタイリスト/後藤仁子 モデル/樋場早紀 イラスト/齋藤よしこ 取材・文/野崎千衣子

UPDOWN