「MAQUIA」2月号では、毎号MAQUIA誌面を華やかに彩る美女たちに「最近始めてよかったこと」と「新たな挑戦をするときの心構え」をインタビュー。美容を、人生を、自分らしく楽しむ姿勢には学びがいっぱい!

Image title

鈴木えみが新しく始めたこと


―――始めたことは?
「アイクリームデビューしました! 最近はインナーケアにも興味津々。」

ついに人生初! アイクリームを使い始めました。目元の皮膚が薄くて乾燥しがちなのが悩みだったのですが、さすがアイクリームのパワー。使い始めてからは潤いはもちろん、ピンとしたハリがでてきた気が。いつものスキンケアにワンステップ加えるだけだからとっても簡単だし、もっと早く使い始めればよかったかも。旬の美容テクにのれた感じがするのも実は嬉しい(笑)。長く続けていきたいです。

最近はインナーケアにも目を向け始めたところ。周りから勧められるがままに酵素や乳酸菌のサプリを取り入れているのですが、今はまだどんな効果が出るのか楽しみにしている段階。食生活においては、お米を土鍋で炊くのにハマり中。ある日炊飯器はもういらないかもと思い友達にあげて、我が家は「雲井窯 御飯鍋 黒楽」という土鍋を購入。電子レンジを使わない派なので温め直すにはせいろで蒸さないといけないけれど、その手間が気にならないくらい、とびきりの美味しさなんです。


Image title

「指でぴーってつけるだけだからすごく楽ちん」。アドバンス ナイト リペア アイ SR コンプレックス 13g ¥7500/エスティ ローダー


―――始めるときの心構えは?
「いつやめたっていい。だから、興味のあることにはひとまず乗っかってみようと。」

興味のあること、知りたいことがあるのなら、躊躇せずにまずは1歩踏み出してみるのが私のスタンス。深刻に考える前に一度は乗っかってみる! 無理だと思ったら別の目標に乗り換えればいい。やめたっていいんです。気軽に新たな扉を叩くことができたら、さらなる目標やつながりだって生まれるはず。同じ場所に留まり続けるよりよっぽどいいんじゃないかなと思います。

そんな感じの“いつでも乗っかれる精神”を絶やさないためにも、健康な心と体でいることも大事ですよね。最近はタスクが多すぎて少し大変なの。だけど、やりたいことはひとつも諦めたくない。常にベストなパフォーマンスができるように整えつつ、日々の出来事をじっくり味わう生活を送れる日が来たらいいな。


Image title

1985年9月13日生まれ。マキアミューズ。中学2年生でモデルデビュー。その後現在に至るまで、多くの媒体で活躍。SNSでの発信は感度が高いことでも有名。1児の母として子育てに奮闘しながら、2017年の秋、自身がデザイナーを務める「ラウタシー」をデビューさせた。



MAQUIA 2月号

撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉 富田 恵(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉 取材・文/通山奈津子 構成/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share