「MAQUIA」9月号の人気連載『えみと、メイクと、ファッションと。』では、メイク×ファッションの2つの要素を、えみの視点を通してお届け。今月は、暑さに涼を運ぶ秋の気配を少し。

Image title


Image title

― THIS MONTH THEME 

FASHION

刺繍ブラウス

×

MAKE UP ARTIST

UDA

MAKE UP

オリエンタルアイ


メイクアップアーティスト
UDAさん

1991年に化粧品会社に入社後腕を磨き、2002年よりフリーランスに。独自の視点と思考から生まれる作品は、唯一無二。雑誌や広告、ショー等、活躍の場は多岐にわたる。


赤いパイピングから繋がる東洋的色彩で遊ぶ

UDA 今回はなぜこのテーマだったの?

えみ “Lautashi”を進めるにつれて、もの作り自体に興味がわいて。職人さんの工場を訪れて実際に目の当たりにしたら、その繊細な手作業やずっと継承されている技術に揺さぶられるものがあって。そういう、プロセスに奥行きや深みのあるものを身につけたいなって思ったのがきっかけかな。

UDA なるほどね。今回はメイクルームであれこれ試行錯誤したよね。最初は中国古来の化粧、靨鈿(ようでん)や花鈿(かでん)を模したものを施してみたんだけど、既視感があるなと。そうしたらふと、パイピングの赤に気付いて。

えみ “はっ!”っていう瞬間あったよね。

UDA そうそう(笑)。そこから辛子のような黄色と落ちついた水色の、東洋的な色を組み合わせてね。赤いラインは1本につながっているとクラシックな印象になってしまうから、わざと目尻を点にして離したのもポイントかな。

えみ UDAさんはどんな色でも何色使っても、必ず馴染むの。色選びとか質感、顔のパーツやフレームとのバランスなのかな。メイクアップの魔術師で天才だもんね。

UDA えぇ、そうなんですよね(笑)。


Image title

「東洋的な色遊びは
立体感ではなく
“ 盛り付ける ”感覚で」

by UDA

鈴木えみさんがトライ! 赤ラインを効かせたオリエンタルなアイメイク_1_1

MAKEUP POINT 01

まぶたのくぼみに辛子色をふわりと

少し幅のあるブラシにAをとり、まぶたのくぼみの目頭側から中央あたりまで、サッとのせる。

鈴木えみさんがトライ! 赤ラインを効かせたオリエンタルなアイメイク_1_2

MAKEUP POINT 02

赤ラインは一度離して、目尻には点を

二重幅にBをのせたあと、黒目上から目尻のキワにCでラインを引き、数ミリ離してから点を。

鈴木えみさんがトライ! 赤ラインを効かせたオリエンタルなアイメイク_1_3

USE ITEMS

A マスタードという名の辛子イエロー。鮮やかでマットな発色。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 024、 B ツヤのないシックな水色。同 034 各¥800(編集部調べ)/コーセー C ディオールショウ オンステージ ライナー 861/メイクアップアーティスト私物(限定品のため販売終了) D 頬に広くくの字になじませ、ほんのり血色を感じさせて。ティント リッププロテクター + モア ドアオープン ¥2500/アディクション ビューティ E ブラシで唇全体になじませ、ほんのりと色づく程度に薄膜に仕上げて。ルージュ ココ フラッシュ 84 ¥4000/シャネル

鈴木えみさんがトライ! 赤ラインを効かせたオリエンタルなアイメイク_1_4
鈴木えみさんがトライ! 赤ラインを効かせたオリエンタルなアイメイク_1_5
鈴木えみさんがトライ! 赤ラインを効かせたオリエンタルなアイメイク_1_6


MAQUIA9月号

モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 撮影/熊谷勇樹 ヘア/MIHO EMORI〈KiKi inc.〉 メイク/UDA〈mekashi project〉 スタイリスト/須貝朗子 構成・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share