こんにちは! マキアブロガーのギ☆です。

マキアブロガー歴12年目、今年47才になる私が、ちょっとマニアックな大人マキア向け記事を月1回お送りします。


3回目のテーマは【7,000円以下 シワ改善・アイケアコスメ比較】

今回は税込7,000円以下の「シワ改善コスメ」「アイケアコスメ」を取り上げます。

この2つは、ここ数年で最もアツい分野。特に去年は多くの新商品が発売されました。今回は2019年に発売された4アイテムを徹底比較!

Image title


皮膚が薄く、シワのできやすい乾燥肌の私は、20代の頃からさまざまなアイクリームを使ってきました。

それだけに、昨今の「シワ改善コスメ」「アイケアコスメ」の進化は肌で実感。この4つも、クオリティの高い優秀コスメです。


まずは、お値段や容量、メイン成分を比較。

Image title※価格は税込

オルビスデュウが話題の新成分「ナイアシンアミド」を採用。

もともと肌あれや美白有効成分として認められていたこの成分が、2018年、シワ改善効果のある有効成分としても、厚生労働省に承認されました。その後「ナイアシンアミド」配合のシワ改善クリームが続々発売!

既に私も複数のアイテムを試して、効果を実感。どのように効いたかもしっかりレポートしたいと思います。


続いて商品別に、以下の4項目を私の独断で忖度なしに評価。

【使い心地】…肌なじみ、のびのよさ、香り、浸透度(使用後のベタつき有無)など

【成分魅力度】独自性、コンセプト訴求力、充実具合、刺激可能成分の有無など

【美容効果】保水力、保湿力、シワ改善効果、ハリ・弾力アップ効果など

【コストパフォーマンス】価格に対する価値・効果の大きさ


【美容効果】については、私個人の主観に加え、スキンチェッカーで「直後」「数時間後」「メイク落とし前」と、「翌朝」の肌の水分量を計測。この数値も参考にしました。


【1】ワソウ アイ オープニング エッセンス

>>>使って楽しい新感覚コスメ。朝使用に最適!

Image title

<メーカー推奨の使い方>

指先に少量とりマッサージするように目もとにやさしくなじませます。

日中の気になる時にいつでもご使用いただけます。


このシリーズ、付属のシールで、まるでオリジナルコスメのようにアレンジできるのが楽しい。

(右は、ポアレス マット プライマー。)

Image title

愛着がわいて、スキンケアのモチベーションもアップ!


成分魅力度

パラベンフリー、オイルフリー。ニキビのもとになりにくい処方。

==============================

<美容成分>

保湿成分:保湿ドロップ

==============================

具体的な保湿成分は、「異性化糖」(サトウキビ由来)、「ニンジン根プロトプラスト」(ニンジン由来)、「ルムプヤンエキス」(ショウガ科植物由来)など。ベジコスメというだけあって、植物由来の成分が多いよう。


【使い心地&美容効果】

適量は米粒1個分(0.1g)。

Image title

みずみずしい紅葉おろしのようなテクスチャー。

メントールやエタノール配合で、肌にのせるとひんやり。やみつきになる心地よさ。

片手でこめかみを引き上げ、もう一方の手で流すことを意識しながらマッサージすると、むくみの改善にも。朝のぼんやり目もともすっきり&ぱっちり。まさに「アイ オープニング」!


細かい偏光パール入りで、見た目的にもみずみずしく明るい目もとになります。

オイルフリーでさっぱり。メイクの邪魔にならないし、日中重ねることも可能。


ただ、乾燥ジワ対策には物足りなさが。逆に「クリームじゃ重い」というときのアイケアにはこちらが最適。

ということで、2019年の秋発売だけど夏の朝に最適なアイクリームです。


以上をまとめますと、

【使い心地】  ★★★★☆
【成分魅力度】 ★★☆☆☆
【美容効果】  ★★★☆☆
【コストパフォーマンス】★★★★☆

アイケア初心者にオススメ。30代以上でも、他のアイクリームとの併用でより複合的なアイケアができます。



【2】オルビス リンクルホワイトエッセンス

>>>シワ対策、美白、保湿がひとつで叶う、顔全体に使えるクリーム!

Image title

<メーカー推奨の使い方>

化粧水で肌を整えた後、保湿液を使用する前にご使用ください。

適量を顔全体になじませます。


成分魅力度

アレルギーテスト済み。

無香料、無着色。酸化しやすい油分不使用。合成界面活性剤不使用。弱酸性。


==============================

<美容成分>

シワ改善・美白成分:Wナイアシン(ナイアシンアミド)

保湿成分:ベニバナエキス、ローズマリーエキス

==============================

1つの成分で「シワ改善」と「美白」の両方への効果が認められた有効成分「Wナイアシンナイアシンアミド)」を配合。

真皮のコラーゲン産生を促進して今あるシワを改善。同時にメラニンの過剰生成を抑えることで未来のシミを防ぎ、美白効果も期待できます。

ナイアシンアミド」配合のシワ改善クリームは数あれど、「シワ改善」と「美白」の両方の役割を商品名に入れ、熱くアピールしているのはオルビスだけかも。どちらも自信があるということでしょうか。頼もしい!


【使い心地&美容効果】

適量は、小豆1~2粒分程度。

私は、集中ケア(シワの気になる目の周り・額・ほうれい線、シミの気になる頬)なら1粒分、顔全体なら2粒分を使ってます。

Image title

体温でとろける伸びのよいテクスチャー。


まず、このアイテム自体の保湿力が高いのが魅力。今回ご紹介したクリームの中で、最も高い水分量を長時間維持することができました。

そのおかげか、乾燥ジワの予防効果はすぐ実感。そして使い続けることで、定着してしまったシワのうち、浅いもの(右目尻下のシワ)がほぼ目立たないぐらいまでに改善されました。

これの前に同じく「ナイアシンアミド」配合のアイクリームを使い、かなり薄くなってきたことを実感していたので、この新成分の実力を見せつけられた感じ。


乳液やクリームの前に使うアイテムですが、化粧水の後、これひとつでも、「美白ケア」「シワケア」「保湿ケア(スキンケアの締め)」までできちゃいます。

しかもこのお値段。顔全体にも気兼ねなく使えるので、目に見えているシワだけでなく、まだ見ぬシワや、シミ・ソバカス対策も可能。美白の効果は実感するに至りませんでしたが、そちらも期待したい。


以上をまとめますと、

【使い心地】  ★★★★☆
【成分魅力度】 ★★★★☆
【美容効果】  ★★★★★
【コストパフォーマンス】★★★★★

続けやすい使用感、お値段で、この効果。スキンケアにあまり時間やお金をかけられないけど、しっかりエイジングケアまでしたいという方には絶対オススメ。



【3】DEW リンクルスマッシュ

>>>目もとにハリが生まれて、もっちり肌へと導く美容液

Image title

<メーカー推奨の使い方>

朝と夜、お手入れの一番最後に、目もと・口もと・額などシワの気になる部分に適量をなじませてください。


成分魅力度

アレルギーテスト済み。

==============================

<美容成分>

シワ改善成分:ナイアシンアミド

保湿成分:HAモイスチャーリフト(ワレモコウエキス、メチルセリン(N-メチル-L-セリン))、ヒアルロン酸Na、アセチルグルコサミン、ヴィターレ(アルゲエキス)

==============================

有効成分「ナイアシンアミド」が表皮だけでなく、真皮へもアプローチし、シワを改善。

さらに、独自開発成分の「HAモイスチャーリフト」を配合。 ヒアルロン酸Naなど、ヒアルロン酸研究から生まれた保湿成分と合わせて、長時間潤いを与えてくれます。


【使い心地&美容効果】

使用量の目安は、片方の目もとで直径約5mm(約0.05g)。

Image title

するっとのびて、肌に密着。4つのうち、最もしっかりしたテクスチャーです。

さわやかでリラックス感のあるグリーンフローラルの香り。


オルビスの前に使っていた「ナイアシンアミド」配合コスメのひとつがこれ。比較的浅いシワは、数週間で目立たなくなるのを実感できました。

また、オルビスにつぐ保湿力で、乾燥ジワの予防効果も十分。

一番嬉しかったのは、使い続けることで、しぼんだ目もとにハリが生まれたこと。

私の場合、濃密テクスチャーのクリームは、栄養過多でブツブツができることもありますが、こちらはそれが一切なく、ひたすら肌のキメが整ってくれたのも好印象。


以上をまとめますと、

【使い心地】  ★★★★☆
【成分魅力度】 ★★★★★
【美容効果】  ★★★★★
【コストパフォーマンス】★★★★☆

オルビスよりは高いですが、1万円以内でこの実感はやっぱり感動モノ。乾燥ジワが本格ジワになり始めた世代におすすめです。



【4】ベネフィアンス リンクル スムージング アイクリーム 

>>>美しい見た目に高い効果。使う都度テンションの上がるハイクオリティコスメ!

Image title

<ブランド推奨の使い方>

日中用乳液やクリームの後に、

1.適量を指先に取ります。

2.目のきわを避けて目のまわりを囲むようにすべらせます。

3.中心から外側に向かってなじませます。


成分魅力度

アレルギーテスト済み。

==============================

<美容成分>

シワ改善成分:明日葉CGLコンプレックスβ (アシタバ葉/茎エキス、ナツメ果実エキス、カフェイン、グリセリン)

やわらか整肌成分:アクアペプチドP(12 PEG/PPG―14/7ジメチルエーテル、トリペプチド、テトラペプチド、PCA-Na)

==============================

ベネフィアンスは、資生堂独自の「レニュラテクノロジー+」を搭載したエイジングケアライン。

レニュラテクノロジー+」は、「明日葉CGLコンプレックスβ」配合テクノロジーのことで、「アシタバ葉/茎エキス」は、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸を産生する線維芽細胞を活性化してくれる成分。


潤いと同時にハリをもたらすことで、「乾燥による小ジワを目立たなくしてくれる」シリーズです。「シワを改善」とまでは謳われていないのが、オルビスデュウとの違い。とはいえ、ちゃんと実感できました。

EGFやFGFが入っている製品が好きな私にとっては、肌の増殖因子に働きかけるペプチド配合なのもポイント高い!


【使い心地&美容効果】

片方の目につき米粒1個分が目安。

Image title

コクはあるけど、軽やかに肌になじむテクスチャー。

デュウと同じグリーンフローラルの香りですが、より濃厚。目を閉じて、深呼吸したくなる香りです。

ただ、ジャータイプは、スパチュラが必要なのでちょっと面倒かも。


こちらも乾燥ジワをしっかり予防。目もとの浅いシワとも相性がよいように感じました。

とくに特筆すべきは、眉間にうっすらクセ付いてた表情ジワが目立たなくなったこと!

実は今まで眉間のシワにはほぼノータッチ。使用方法に書いてあったから、素直に従ってケアしただけで、正直期待はしていませんでした。でも、他のシワ改善コスメに移行すると、徐々にシワが復活してしまい、このクリームの実力を再確認することに…!

ともあれ、スキンケアでシワ対策ができるというのは、新しい発見です。(その時々の気分の良し悪しで、くっきりしたり薄くなったり、抗えないものだと思ってました。)


ちなみに資生堂は、プロモーションも斬新でした。シワ改善を通じての「表情プロジェクト」です。

単なるスキンケアにとどまらない、女性の表情、そして人生をも豊かにするという発想。スキンケアの根本に立ち返らせてくれた気がして、ハッとさせられました。(私もシワを気にして、写真を撮るとき思い切り笑えないひとり。)


以上をまとめますと、

【使い心地】  ★★★★☆
【成分魅力度】 ★★★★☆
【美容効果】  ★★★★★
【コストパフォーマンス】★★★★☆

美しい見た目と心地よい使用感で、使う都度テンションが上がるのはさすが資生堂コスメ。そして、1万円以内でこの効果というのも、やっぱりすごいです。



【まとめ】

アイケア・シワケア歴がもはや20年近い私。

30才の頃にできた傷がきっかけで、左目尻下辺りに乾燥ジワができやすくなり、今やすっかりそれが定着。

ただ、右目尻下もついでにケアしたおかげで、この部分はかなりシワ予防ができました。

ということで、声を大にして言いたいのは「シワはできる前からのケアがとっても大事!」ということ。

とはいえ、できてしまった方もがっかりしないで。今は効果が実証された成分が続々出てきています。一緒にシワに挑んでいきましょう!


また次回の記事もお楽しみに!


▼この記事を書いたのは...

Image title

マキア公式ブロガー トップブロガー ギ☆

46歳/乾燥肌。MAQUIAブロガー歴12年目。メイクもスキンケアも自分に合うものを見極めて、そして楽しむ気持ちは忘れずに、一層美容道に精進しますので、皆様宜しくお願い致します!


※記事内容は個人の体験に基づくものであり、すべての方への効果を保証するものではありません。

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share