生活環境やコミュニケーション方法が大きく変わった今、人を引き寄せる好印象肌とは? 「MAQUIA」11月号では、老若男女問わず好感を持たれる美肌の育て方を、小林ひろ美さんに教えてもらいました。

最強の“幸せ肌”を手に入れて! まずは自分に足りないケアをチェック_1

みずみずしいうるおいと、自然で幸せな血色感
いま欲しいのは
引き寄せツヤ&ピンベ肌

教えてくれるのは…
小林ひろ美さん

美容家

小林ひろ美さん

どんなシチュエーションも美容のチャンスに変換するポジティブ美容の名手。エイジレスなベビースキンが代名詞。

うるおいと血色感に満ちた
“幸せ肌”が今、必要な理由
「人との距離感が確実に変化してしまった2020年。そんな今、重要なのは細かなパーツの強さではなく、遠目で見ても感じ取れる肌全体の印象&質感の美しさ」と語ってくださったひろ美さん。
「最近、思わず目がいくのが自然なツヤと血色感のある、ピンクベースの“幸せ肌”。こんなご時世だからこそ、私たちが惹かれるのは人形のように整った白磁肌ではなく、モニター越しでも温度を感じる、ライブ感のある肌なんだと改めて感じています。そんな引き寄せ肌に必要不可欠なのが、うるおい、ハリ、透明感、血色感の4つ。どれかひとつでも欠けると、ヘルシーな肌から遠ざかることに。
ネガティブなポイントがない肌は、今や最強のコミュニケーションツール。見ている方も思わず笑顔になってしまうような、“幸せ肌”を毎日のスキンケアで手に入れましょう!」


\あなたがすべきケアは?/
ひろ美的 ツヤ&ピンベ肌チェックテスト
理想の引き寄せ肌を最速で手に入れるために、自分に足りないケアをチェック!




□洗顔後、肌がつっぱる
□目元の小じわが気になる
□笑ったときに口元がこわばる
□オイルクレンジングが好き
□スキンケアは時短命
□ベタつきが苦手で乳液はスキップ
□キメが粗くファンデーションがのらない


4つ以上チェックがついたら
うるおいケア




□マスクの跡がなかなか消えない
□頬の毛穴が目立つ
□顔が大きくなってきた気がする
□目が小さくなってきた気がする
□頬が下がって立体感がなくなってきた
□強めのマッサージが好き
□ここ半年で人との会話が減った


4つ以上チェックがついたら
ハリ・弾力ケア




□フェイスライン、頬、額など、パーツごとに肌トーンが違う
□茶グマが気になる
□スキンケアが肌に浸透しにくい
□白いマスクをすると顔のくすみが気になる
□化粧水はコットンづけが基本
□室内では日焼け止めを塗らない
□毛穴が詰まりやすい


4つ以上チェックがついたら
透明感ケア




□青グマが目立つ
□むくみやすい
□夕方になると肌がトーンダウンする
□肩こりがひどい
□PC・スマホに向かう時間が長い
□手足が冷えやすい
□汗をかきにくい


4つ以上チェックがついたら
血行アップケア




思わず目を奪われる、 幸せ感あふれるヘルシー肌

思わず目を奪われる、
幸せ感あふれるヘルシー肌

MAQUIA 11月号
撮影/天日恵美子(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/坂下シホ モデル/都丸紗也華 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share