頑張りすぎていないのに素材そのものを引き立てつつ、品や洒落感を叶えてくれると評判の“笹にぃ”こと笹本恭平さんメイク。そのセンスあふれるメイクテクをMAQUIAで初披露!

おしゃれコンサバメイク 笹本恭平 大人 洗練メイク

人気HM笹本恭平の絶妙なさじ加減に学ぶ

さりげないのに目を惹く
大人がときめく洗練メイク

おしゃれなコンサバメイクなら任せて
笹本恭平さん

ヘア&メイクアップアーティスト

笹本恭平さん

卓越したセンスとオリジナリティあふれる抜け感のあるメイクが評判の人気ヘア&メイク。ビューティ界のみならず、ファッション界でも指名が絶えない存在。

『コンサバメイク革命』¥1760(講談社)

品の良さとおしゃれ感を両立する、“洒落コン”メイクの秘密が詰まった一冊。『コンサバメイク革命』¥1760(講談社)

自分らしさを透けさせる
ことで洗練度は高まる
笹本さんのメイクは、その人の素を生かしながら、どこか垢抜けて見えると話題。その秘密とは?
「大切なのは、軸に自分らしさを持つこと。その軸となるのが、丁寧に仕立てた程よいツヤ肌と、自眉をベースにしたアイブロウ。これを基本軸にすることで、アイメイクで遊んだり、リップで冒険しても、自分らしさは決してブレません。それから、アイテムは数多く使っても量は少なめにすることも大切。例えば、アイシャドウもチークもベース時にウエット系アイテムを仕込んでおく。そうすれば、その後に使うパウダーのシャドウやチークが最小限で済むからメイクが厚ぼったくならず、その人らしさが透けて見える。それが、洗練感を引き出して、垢抜けて見せる僕なりのこだわりです」



“笹にぃ”メイクの洗練ポイント


とにかく品重視
「“頑張りすぎない”印象を与える抜け感も、ベースに品があってこそ。この品がないと、疲れて見えたり、手抜きに見えてしまう危険も。だからこそ、やりすぎないことは大事だけど、やらなすぎもNG!」


肌と眉でほぼ完成
「肌に程よくツヤがあり、眉が時代にマッチさえしていれば、メイクは半分完成したも同然。あとはリップやアイメイクをアクセサリー感覚で取り入れれば、品の良さと鮮度を両立できる」


大人こそ血色必須
「大人の肌は血色がないと、おしゃれな人ではなく、顔色の悪い不健康そうな人に見えてしまう。ベースやリップ、チークなど、どこかに赤みを忍ばせて、フレッシュな印象を高めるべき」



半分やって半分戻る
「ひとつのパーツに集中してメイクをしてしまうと、必要以上に濃くなることも。鏡は引きの視点を取り入れながら、それぞれのパーツを行ったり来たりすると、バランスの良いメイクに」



ベージュこそこだわるべし
「ベーシックな色でありながら、上品さ、洒落感、抜け感など全て網羅できるベージュ。どんなファッション、メイクとも相性がいいので、アイシャドウやチーク、リップ、自分に似合う運命のベージュを見つけて」

血色と質感を仕込んで自分化させるナチュラルメイク

血色と質感を仕込んで
自分化させるナチュラルメイク
「下地やファンデーション、練りタイプのチークやシャドウをミルフィーユのように繊細に重ねていく笹にぃメイク。まるで自分が持つ血色や影を思わせ、一枚皮のように繋がるから厚塗り感なく、自分の素材そのものを引き立てて洗練度を高めてくれる!」

MAQUIA 12月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/井桁弘恵 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)
※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年11月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share